化学療法室

診療部門

外来で化学療法を行うことは、ご家族との生活や仕事などの社会生活を送りながら治療を続けていくことができるため、生活の質の向上につながります。

当院では、通院で化学療法を受ける方が、安心して、快適に治療を受けることができるよう2005年1月に外来化学療法室を開設しました。

【設備】 
場所:外科外来の奥
リクライニングチェア:6台 ※液晶テレビ・テーブル付き

希望により座ることも横になることもできます。テレビを見たり読書や飲食もでき、長時間であっても静かな環境で快適に点滴治療を受けて頂けるよう配慮されています。 




受診のながれ
1 受診受付 1階受診受付機で受診受付をします。
2 血液検査 1階中央処置室にて採血を行います。
3 診察 各外来担当医が診察します。診察の結果、問題がなければ化学療法を行います。
4 化学療法 化学療法室入室後、ご案内用紙をスタッフに提出していただき、リクライニングチェアにて治療を開始します。点滴が終了すれば、針を抜いて終了します。
5 会計 各科外来で、お薬の処方箋とご案内用紙を受け取り、会計をして帰宅となります。

 



特徴・特色
  1. 化学療法の開始と変更の際には、医師より説明があります。具体的に話し合いのうえ、治療を決定します。
     
  2. 化学療法のレジメン(投与内容と方法・サイクル)は、全国的に標準とされているもので、院内の委員会で認められたものを使用しています。
    >当院で使用している化学療法レジメンについてはこちら
     
  3. 化学療法の薬剤の調剤は、専門的な知識を身につけた薬剤師が無菌的に実施しています。
     
  4. 化学療法室の常勤看護師は、化学療法に関する専門的な知識・技術を身につけ、経験を積んでいます。さらに、みなさまが安全で快適な治療を受けられるよう研鑽を重ねております。
     
  5. 副作用出現時には、各科で対応させていただき、緊急時は時間外対応の体制も整っています。

患者さん・ご家族の方に、安心して療養生活を送っていただけますよう、スタッフ一同協力して取り組んでいます。
今後も専門的知識、技術の向上に努め、質の高い医療を提供したいと考えています。



ページTOPへ