臨床工学科

診療部門

人工呼吸器の点検
人工呼吸器の点検

臨床工学科(MEセンタ-)では、呼吸を助ける人工呼吸器、血管に薬を注入する輸液ポンプ・シリンジポンプなどの生命維持管理装置の操作・保守点検・管理を臨床工学技士が行っています。

臨床工学技士は、一般的にME(Medical Engineer)と言われているため、この部署をMEセンタ-といいます。


当センタ-には5人の臨床工学技士が配置されており、透析センター業務・血液浄化療法業務・在宅人工呼吸器管理業務・在宅酸素療法管理業務・手術室業務・医療機器保守点検業務、心臓カテ-テル業務、CPAP業務、など多種多様な業務も行っています。



業務内容


透析センター業務

 腎臓が悪くなった方の手助けをする透析機器などの操作や保守管理を行っています。



血液浄化療法業務
血液浄化操作
血液浄化操作

 専用の機器を用いて血液を体の外に導きだし、薬物中毒や敗血症など体内に溜まった毒素や重症筋無力症、多発性硬化症など自己免疫疾患の病気の原因となっている特定の物質を吸着などにより除去します。
これらに使用される機器の操作や保守管理、使用物品の管理などを行っています。



医療機器保守点検業務
医療機器保守点検
医療機器保守点検

病院で使用されている人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、酸素流量計、血圧計、補助循環装置、保育器などの機器の定期点検・消耗品の交換などの保守管理などを行っています。



手術室業務

麻酔器、モニタ-などの点検・内視鏡手術などの開始時立会いなどを行っています。



心臓カテ-テル業務

心臓カテーテル検査・治療時のおける補助。IABP装置作動時の操作などを行っています。



ペ-スメ-カ-関連業務
ペースメーカー埋め込み時の波形の確認の様子

不整脈など心臓の調子の悪い方などに使用される機器(ペースメーカー)の体内埋め込み時の心臓内電位などの測定機器やペースメーカーの定期点検チェックに使用される機器の操作を行っています。



内視鏡センター関連業務

内視鏡治療や肝臓がん細胞を死滅させる治療に使用する機器の操作を行っています。



CPAP解析業務
CPAPの説明
CPAPの説明

睡眠時無呼吸症候群(睡眠中に呼吸が止まったり、喉の空気の流れが弱くなった状態が1時間に何回も起こる状態)の方などに使用されるCPAP機器などのデータ解析やマスクフィッティング指導などを行っています。



在宅人工呼吸器管理業務

患者さんが、家で人工呼吸器を使用できるように、取扱いの説明を行います。またお家へ訪問し、機器の点検などを行っています。



在宅酸素療法管理業務

家で使用されている酸素療法機器などの管理や取扱い説明などを行っています。


ページTOPへ