看護部

診療部門


看護部長あいさつ

地域に根ざした医療を提供する八鹿病院の看護部は、「患者さんに寄り添う温かみのある看護」を実践しています。そのために看護師の教育に力を入れており、キャリアの土台となる基本的な知識と技術の習得はもちろんのこと、患者さんやご家族の気持ちをくみ取り、尊重できる感性を育むことも大切にしています。
そして、それぞれが目指す夢に向かって成長していける、キャリア支援制度を整えています。急性期だけでなく慢性期の看護にも携われるなど、さまざまな経験が積めることも大きな特長です。当院は職種に関わらず、チームとして地域に貢献することを目指しています。

看護部長 高階優子


看護部理念

質の良い温かみのある看護を実践します。


行動指針
  • 私達は、事故防止に努め、安全で安楽な看護を実践します。
  • 私達は、専門職としての資質を高め、やりがいが感じられる看護を目指します。
  • 私達は、看護活動を通して地域との連携を密にします。
  • 私達は、ムリ、ムダのない経済性を考えた効率の良い看護を実践します。
  • 私達は、看護のインフォームドコンセントを推進し、患者さんの不安や要望を尊重した看護を実践します。

看護部目標

 

 私達の看護部年間目標は・・・

1.一人ひとりを認めあい、お互いが成長できる

2.業務の効率化で経営に参画

3.患者誤認防止

 

 

 


看護体制・看護方式

【看護体制】

  • 入院基本料は一般病棟は7対1入院基本料を算定しています。
  • 回復期リハビリ病棟、地域包括ケア病棟、障害者病棟、療養病棟、緩和ケア病棟と一部内科病棟で2交代制夜勤を行っています。


【看護方式】

  • 固定チームナーシング継続看護受持制を取っていますが、一部の病棟では機能別看護を取り入れています。

     


関連リンク

職員募集(看護師募集要項) 現在の看護師募集要項はコチラから


ページTOPへ