緩和ケア病棟

入院病棟

緩和ケア病棟の理念




私たちは 患者さまとご家族が大切な時間を
その人らしく生きることを支えていきます


緩和ケアの方針
談話コーナー
談話コーナー

 

  • がんに伴う苦痛を緩和するため、さまざまな専門職がチームを組み、患者さんとご家族のQOLの維持向上を目指した援助を行います。
     
  • 患者さんお意志・価値観・信念を尊重し、その人らしく尊厳をもって有意義に過ごせるように援助します。
     
  • 患者さんの生命を尊重し、死の過程を自然なこととして見守り、死を早めることも遅らせることもしません。
     
  • 患者さんの療養中から他界された後まで、ご家族がさまざまな困難に対処できるように支援します。

 


緩和ケア病棟の特徴・特色

患者さんのケアが十分出来るように、医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、理学療法士、薬剤師、事務職員、ボランティアなどがチームでお世話させていただきます。
病室は20床全てが個室で、円山川、八鹿の町並みを望む事ができます。明るく、広く、静かで温かみのある療養環境となるよう工夫されています。
また宿泊可能な家族控え室、いつでも自由にご利用いただけるファミリーキッチン、ホールなどがあります。季節行事・イベント等の催しも行います。


病室(無料) 病室(無料) 病室(有料) 病室(有料) 浴室 家族控室 談話コーナー 談話コーナー シャワー浴室 キッチン 屋上庭園

病室(全室個室)
病室(全室個室)
特殊浴室
特殊浴室
スタッフステーション
スタッフステーション
家族控室
家族控室
屋上庭園
屋上庭園

入院・退院について

◆入院の基準

  1. がんと診断されていること
  2. がんに伴う苦痛があり入院を要する場合
  3. 患者さん及びご家族が緩和ケア病棟への入院を希望していること
  4. 患者さん及びご家族が緩和ケア病棟の機能を理解していること
  5. 患者さん及びご家族が病名・病状を理解していること

◆退院の基準

  1. 患者さん及びご家族が退院もしくは転院を希望しているとき
  2. 症状緩和ができており退院可能な状態であるとき
  3. 在宅ケアが可能と判断されたとき
  4. 手術・化学療法・放射線治療など、がんの治療を行うとき
  5. 対症療法ではなく治療を希望される場合、またはその治療を優先する必要があるとき


緩和ケアだより

緩和ケアに対する認知度も年々広まりつつある中で、未だ浸透できない部分もあるのではないでしょうか・・・・ 緩和ケアの考え方、病棟の様子をお伝えすることで緩和ケアのご理解が深まればと思い「八鹿病院緩和ケアだより」 を発刊いたします。


緩和ケアだよりVol.23
平成31年1月発行
緩和ケアだよりVol.22
平成30年11月発行
緩和ケアだよりVol.21
平成30年10月発行
緩和ケアだよりVol.20
平成30年9月発行
緩和ケアだよりVol.19
平成30年8月発行
緩和ケアだよりVol.18
平成30年7月発行
緩和ケアだよりVol.17
平成30年6月発行
緩和ケアだよりVol.16
平成30年5月発行
緩和ケアだよりVol.15
平成30年4月発行
緩和ケアだよりVol.14
平成30年2月発行
緩和ケアだよりVol.13
平成29年10月発行
緩和ケアだよりVol.12
平成29年6月発行
緩和ケアだよりVol.11
平成29年2月発行
緩和ケアだよりVol.10
平成28年9月発行
緩和ケアだよりVol.9
平成28年3月発行
緩和ケアだよりVol.8
平成28年3月発行
緩和ケアだよりVol.7
平成27年10月発行
緩和ケアだよりVol.6
平成27年3月発行
緩和ケアだよりVol.5
平成26年9月発行
緩和ケアだよりVol.4
平成26年6月発行
緩和ケアだよりVol.3
平成26年2月発行
緩和ケアだよりVol.2
平成25年10月発行
緩和ケアだよりVol.1
平成25年6月発行

<お問い合わせ>

公立八鹿病院 地域医療連携室
電話:079-662-5555(内線1360)
FAX:079-662-3143(地域医療連携室直通)



入院病棟
ページTOPへ