地域包括ケア病棟

入院病棟


地域包括ケア病棟とは?

地域包括ケア病棟とは、入院治療後に病状が安定した患者さんに対して、退院支援を効率的かつ密度高く行い、在宅や介護施設への復帰支援を行う病棟です。

たとえ状態が安定しても自宅や施設等での療養生活に不安のある方、また入院生活を継続し治療やリハビリを続けることでより良い状況になられると見込まれる患者さんに対して、安心して退院していただけるように支援しています。

入院日数は保険診療上、最大60日までを原則とし、医師・看護師・リハビリ・医療ソーシャルワーカーなど多くの職種が患者さんやご家族と協力して在宅復帰に向け退院調整を行っています。



レスパイト入院も可能です

在宅で療養されている患者さんのレスパイト入院を受けることで、退院後の在宅生活がよりよい状態で継続できるよう支援しています。

レスパイト入院とは、在宅で療養しておられる方が、発熱など体調不良を起こした場合や介護者の方が介護疲労を起こされた場合などに、一時的に入院を受け入れることができる仕組みです。レスパイト入院をご希望の方は、介護保険のある方は担当のケアマネジャー、かかりつけ医がある方は、かかりつけ医にご相談ください。



地域包括ケア病棟の特徴

在宅生活を見据えたリハビリテーション

在宅生活の不安を減らすため、必要な方には理学療法士がご自宅へ伺う退院前訪問をし、多職種と連携しながら個々にあった動きや住宅改修のポイントをお伝えします。
また、疲れやすい方には軽い運動を午前・午後に分け負荷をおさえるなど、患者さんの状況に応じたリハビリをおこなっています。複数の患者さんと一緒に運動をする機会もあります。



患者さん・家族のための充実した在宅復帰支援

退院後の在宅生活を見据えて生活していく中で、困りごとをカンファレンスで一緒に考え、よりよい状況で退院していただけるよう多職種と連携を図り支援しています。
その中でも、わかりやすい介護指導を心がけ、介護者の負担軽減に努めています。



患者さんに寄り添いその人らしい生活を目指す

近年、入院患者さんの中でも認知症症状のある方が増えつつあります。当病棟では、治療が終わり退院にむけて在宅や施設でその人らしい生活を送っていただけるように、その方のこれまでの生活史や趣味などを知り、余暇の時間(ちぎり絵・計算ドリル・習字等)を持ったり、音楽療法士による歌の会などをおこなっています。認知症ケア専門士が中心となり、スタッフ同士で相談しながらチームとして患者さんに関わっています。
また、入院を機に認知症が悪化するケースも多いため、スタッフと家族で情報共有をおこない介護の負担軽減を意識した退院支援もおこなっています。




入院について

◆入院の対象となる方
【経過観察が必要な方】

  • 入院治療により病状は改善したが、当院にてもう少し経過観察が必要な方

【在宅の環境整備が必要な方】

  • 日常生活に不安を感じ、様子をみながらご自宅へ帰る準備を進めたい方
  • 住宅改修などで、自宅での療養準備に一定の時間が必要な方

【介護福祉施設に再入所予定または、入所準備中の方】

  • 特別養護老人ホームなどの介護福祉施設に再入所予定の方、または入所に向けて準備されている方

◆入院費について



※病状の変化のため主治医が判断すれば、急性期病棟にお部屋を変更いただく場合があります。


ご相談・お問い合わせ

地域包括ケア病棟についてのお問い合わせやご相談は、

「病棟師長」または「地域医療連携室・医療ソーシャルワーカー」までお尋ね下さい。

 

公立八鹿病院 地域医療連携室
電話:079-662-5555(内線1360) 
FAX:079-662-3143(地域医療連携室直通)



入院病棟
ページTOPへ