整形外科

診療科



ごあんない

整形外科一般の診療をいたします。
平成31年4月より整形外科常勤医は1名から2名になりました。2名の非常勤医師を含め、4名体制で診療いたします。
昨年度は大変ご迷惑をおかけしましたが、入院加療、手術加療は一昨年までと同様にお受けできるようになりました。
また外来診察も、初診予約を1週間以内にお受けするようにつとめてまいります。予約外の患者さんも、可能な範囲でお受けするようにしてまいります。



診療スタッフ
医師名 役職 卒年  
元津 康彦
もとづ やすひこ
院長補佐
整形外科部長
昭和60年卒

日本整形外科学会整形外科専門医
    〃   リウマチ専門医
日本医師会認定産業医

山本 裕也
やまもと ゆうや
医師 平成24年卒

日本内科学会認定内科医


[応援医師(非常勤)]

医師名  
門川 克彦
かどかわ かつひこ
 
坂本 龍之介
さかもと りゅうのすけ
 


地域医療機関の先生方へ

ご紹介の予約を1週間以内にお受けするようにつとめてまいります。 また、入院加療もお受けできるようになりました。 脊椎手術に関しては、他院をご紹介させていただいております。



予約について

予約制です。
予約なしで来院された場合は、予約をおとりし後日診察をお願いすることになります。

 医療機関から予約する  患者さんから予約する 



主な対象疾患
  • 一般整形外科
  • 外傷
  • 人工関節置換術(変形性膝関節症、変形性股関節症)


主な検査・治療手技
  • MRI検査をほぼ当日にできるのが、当院の特色です。




後期研修医募集

後期研修について  整形外科 寺村 晋


公立八鹿病院整形外科の寺村です。2016年度より当院にて整形外科の後期研修をさせていただいており、今年度で2年目となります。
当初当院に赴任した私は、ほぼ整形外科としての知識が0の状態から始まりました。
部長である元津先生はこんな医学生にも満たないような知識量の私に対し1つ1つの症例に関して丁寧に説明してくださいました。

4月から最初の2カ月は主に外来を見学することから開始し、その後問診を取らせていただくようになり、7月から独り立ちさせていただくことになりました。
今考えますと、最初の数ヶ月を科の部長に付きっ切りで教えていただけることは他の病院ではありえないことだと思います。
そこには今まで数々の整形外科医を育て上げてきた元津先生のノウハウが詰まっており、整形外科としての基盤が築かれたと感じます。

外来のある日の夕方には元津先生と2人で行う「外来復習カンファ」があり、その日出会ったすべての症例の振り返りを行えます。気づいた点や改善点に関して迅速に指摘いただけるので、翌日の外来からすぐに生かすことができます。

手術の執刀数が多いのも当科での強みです。
3次救急機関ではないため、重症外傷などは多くありませんが、一般的によく出会う外傷に関してはまず執刀させていただけます。その際もしっかり助手としてサポートくださり、術前計画の仕方、術中の注意点、術後管理などすべてにおいて支えてくださり、心置きなく医療技術を進歩させることができる環境があります。
時には患者さんの外傷が重なり疲弊する時もありますが、常に病院に縛られるということはなく、休暇もしっかりいただけます。元津先生の細やかな配慮の上で私は伸び伸びと研修できています。
大病院にはない特色あふれた医療が可能な当科での研修を選択して間違いはなかったと確信しております。今後は当科で築いた基盤を生かして次のステップでの医療に繋げたいと考えております。 




その他の活動

身近なけがや病気のメカニズムについてお話しすると同時に、地域の方々と接する機会として各地域での講演会活動にも取り組んでいます。

なび公立八鹿病院「整形外科のおはなし 元津医師講演会」
(平成25年10月9日~11日放送 養父市ケーブルテレビ ふれあいトピックス)

 


平成26年10月1日水曜日、南谷ふるさとセンターにて19時から1時間程度、元津医師による講演会を開催しました。「整形外科のおはなし ~けが・病気のメカニズムと治療~」と題し、年齢を重ねると起こりやすい、ひざや腰の痛みなど、身近なけが・病気のメカニズムと治療法についてお話しさせていただきました。


ページTOPへ