外科

外科



ごあんない

当院外科では消化器悪性疾患(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の癌など)を中心に、胆石症、ソケイヘルニア、急性虫垂炎(盲腸炎)、痔疾患等の良性疾患を 対象にした手術を行っています。その他、外傷、腸閉塞、一部の皮膚・皮下腫瘍(化膿したおできなど)に対する手術も行っています。
 

手術方法は原則ガイドラインに準じた方法で行い、開腹・開胸手術はもとより大腸癌や早期胃癌、その他の適応疾患では、より侵襲性の低い腹腔鏡手術を積極的に取り入れています。現実には胆石症や鼠径ヘルニアの9割、大腸癌の7割程度が腹腔鏡で行われています。
さらに手術の難易度は若干高くなりますが、美容上の観点より広がりつつある単孔式腹腔鏡手術(へそのところに小さな傷ができるだけ)も積極的に行ってお り、適応疾患(胆石や急性・慢性虫垂炎など)に対して患者さんの希望により行っています。また、通常の腹腔鏡下手術に際しても、細経鉗子(3~3.5ミ リ、通常は5ミリ)を用いて、さらなる疼痛の軽減や手術瘢痕の縮小に寄与しております。
 

当科で扱う疾患では、悪性疾患が多くの割合を占めています。
癌告知に関しては原則行い、治療方針については患者さんの年齢、体力、本人・家族の希望を配慮しながらバランスのとれた方法で行うことを心がけています。 また、治療方法や手術方法については希望される場合には他病院に意見を求めるための紹介(いわゆるセカンドオピニオン)も行っていますので相談していただ ければ結構です。さらに、大学病院やがんセンターなどとも連携し、幅広い疾患に対応しています。
 

その他、外来での化学療法も積極的に行っており、消化器等の悪性疾患に関しては、術前術後にそれぞれの患者さんの状態に応じた化学療法を行っています。



診療スタッフ
医師名 役職 卒年  
西田 勝浩
にしだ まさひろ
副院長
外科部長
昭和62年卒 医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科認定医
日本消化器病学会指導医
大原 忠敬
おおはら ただゆき
外科部長 平成8年卒 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会胃腸科指導医・専門医・認定医
松田 佑輔
まつだ ゆうすけ
医長 平成18年卒  
河本 達也
かわもと たつや
医師 平成28年卒  


地域医療機関の先生方へ

当科では消化器悪性疾患を中心に気胸、胆石症、ソケイヘルニア、虫垂炎、痔疾患等一般外科にも幅広く対応しています。それらの疾患に対して従来からの開胸および開腹手術のみならず、より低侵襲な胸腔鏡手術、早期胃癌や胆石症、進行大腸癌に対しては腹腔鏡下手術を取り入れています。また、より低侵襲かつ美容的観点から広がりつつある、単孔式腹腔鏡手術(臍等に小切開を加え、一カ所の穴より腹腔鏡・鉗子類を挿入し、手術を行う)や細経鉗子(通常は5㎜のところを3㎜)を使用した手術も行っており、胆石症や虫垂炎(待機手術)等の患者様で、より目立たない手術を希望されるようでしたら紹介いただければと思っています。





主な対象疾患

<消化器外科>

  • 食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓等の良性・悪性疾患 他

<一般外科>

  • ソケイヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、単純な気胸、皮膚・皮下の単純な腫瘍、その他一般外科疾患


主な検査・治療手技
  • 消化器癌・良性疾患手術全般
  • 消化器腹腔鏡下手術(単孔式、細経鉗子使用により低侵襲、審美性の求めたものを含む)
  • 腸閉塞保存療法、腸閉塞手術(腹腔鏡下手術、開腹術)
  • 鼠径ヘルニア手術(腹腔鏡下手術、従来手術)
  • 腹壁ヘルニア手術(腹腔鏡下手術、人工腹壁、従来手術)
  • 痔疾手術一般
  • 食道裂孔ヘルニア手術(開腹、腹腔鏡下手術)
  • 直腸脱(経肛門的、腹腔鏡下手術)
  • 単純な気胸(胸腔ドレナージ、胸腔鏡下手術)他




National Clinical Database(NCD)に参加しています

当院では、患者さんにより適切な医療を提供することを目的にした、⼀般社団法⼈National Clinical Database(NCD)に参加しています。

  「専門医制度と連携したデータベース事業について」(PDF形式:171KB)


外科
1
ページTOPへ