救急科・総合診療科

診療科



ごあんない

当院の救急科・総合診療科は、南但地域唯一の救急・総合診療科です。軽傷から入院治療を要する重症まで、全ての救急・急変患者さんを24時間365日受け入れています。

重症度が高い患者さんを診療する「救急科」
救急科では、救急車で搬送された患者さんや、普通に来院され総合診療科を受診されたがご本人が思っている以上に重症であった方など、生命にかかわる状態や緊急性のある患者さんを診療・治療しています。初期診断・初期治療をおこなうという点では総合診療科と同じですが、重症度が高い患者さんが対象となります。


特定の臓器にとらわれず患者さんを総合的に診る「総合診療科」
総合診療科では、看護師による患者さんの問診を参考に、総合診療医が病状を総合的に診察します。そして、あらゆる可能性を考えて検査し、特定の臓器や病気にとらわれず、幅広い視野で、救急医療を含めて病気の正確な診断と速やかな治療をおこないます。また、診断・治療だけでなく、ますます高齢化が進む中で、保健・介護・福祉と連携し、患者さんの社会背景も考慮しつつ、全人的な診療を心がけています。

緊急の紹介受診にも対応
 地域の開業医さんから緊急性のある患者さんの当日紹介受診の場合も、総合診療科にまず連絡をいただき経過や検査データなど情報共有し、治療にあたっています。

専門診療科・他院へ引き継ぎスムーズな治療を
 総合診療医が診断・初期治療をおこないながら、専門的な診療の必要性を判断します。患者さんに最適な専門治療を受けていただくため、当院の専門診療科または他院へ紹介し、初期治療の経過を情報共有し、治療を引き継ぎます。


平日の時間内は、救急科・総合診療科の専従医を配置していますが、夜間・土日祝日は病院各科勤務医や地元医師会先生方のご協力のもと運営されています。 また、地域の救急医療の向上に貢献するため医学生、救急救命士の実習も受け入れています。



お願い
  • 急病・急変患者さん以外の受付は午前11時までとなっていますのでご協力お願いいたします。
  • 緊急性がなく地域の「かかりつけ医」をお持ちの方は、まずそちらに受診していただき必要に応じて当院へ紹介とさせていただけますようご理解とご協力をお願い致します。

当院では、体がおかしいと感じた時に気軽に相談でき、いち早く検査や治療へとつながるよう、地域の「かかりつけ医」をお持ちになることをおすすめしています。



あなたのマイ・ドクター「かかりつけ医」を持ちましょう



診療スタッフ

救急科

医師名 役職 卒年  
倉橋 卓男
くらはし たくお
救急科部長
総合診療科部長
昭和54年卒 日本救急医学会専門医
日本DMAT隊員
MCLSインストラクター
JATECインストラクター
ICLS CMD・インストラクター
日本病院総合診療医学会認定 病院総合診療医
 

総合診療科

医師名 役職 卒年  
田村 邦彦
たむら くにひこ
総合診療科部長 平成4年卒  
布施 由佳
ふせ ゆか
医長 平成23年卒 日本内科学会認定内科医
山本 裕也
やまもと ゆうや
医師 平成24年卒 日本内科学会認定内科医
白神 直人
しらかみ なおと
医師 平成28年卒  
安田 矩明
やすだ のりあき
医師 平成28年卒  
髙木 真信
たかき まさのぶ
医師 平成29年卒  
仕名野 堅太郎
しなの けんたろう
医師 平成29年卒  

 

[応援医師(非常勤)]

医師名  
田中 健雄
たなか たけお
 




ページTOPへ