沿革・病院の生い立ち

病院の概要


沿革
昭和21年
10月
八鹿町隔離病舎の一部を転用、日本医療団八鹿病院として開設
24年
8月
日本医療団の解散に伴い、八鹿町国民健康保険直営の公立八鹿病院となる (昭和24年12月26日許可)
26年
7月
八鹿町外17ケ町村養美伝染病院組合が組織される。
31年
4月
公立八鹿病院附属村岡診療所開設
32年
4月

八鹿町・養父町・大屋町・関宮町・村岡町・和田山町の6ケ町により国民健康保険八鹿病院組合を組織し、病院経営を八鹿町より移管する。
八鹿町立国民健康保険小佐診療所を公立八鹿病院附属小佐診療所として開設。

8月
国民健康保険八鹿病院組合を公立八鹿病院組合に名称変更
34年
3月
和田山町が公立八鹿病院組合から脱退
37年
10月
公立八鹿病院附属村岡診療所を公立八鹿病院村岡分院として新築
38年
4月
公立八鹿病院附属准看護婦養成所を開校
40年
3月
公立八鹿病院小佐診療所を廃止
4月
地方公営企業法財務規定等適用
42年
10月
公立八鹿病院村岡分院を公立八鹿病院組合立村岡病院に名称変更
44年
7月
養美伝染病院組合を解散し、経営を公立八鹿病院組合に移管される。
52年
6月
医事業務電算システム導入
53年
12月
CT室新設(全身用CTスキャン導入)
54年
4月
子宮癌検診開始(地域住民対象)
55年
9月
病棟増築(一般病棟309床・結核病棟24床・伝染病棟17床)合計350床となる。
コバルト室・人工腎臓・新生児センター・未熟児センターを新設
コバルト治療開始・人工透析(14床)開始
56年
4月
病棟看護婦による訪問看護開始
大腸癌・乳がん検診開始(地域住民対象)
59年
2月
兵庫県医療計画により伝染病棟廃止
60年
3月
管理棟及び看護婦宿舎新築
4月
総合病院へ承認される。
61年
4月
社会医療相談室開設
9月
検査科において「検査結果迅速報告システム・30分体制」の開始
11月
第1回 優良自治体立病院として、「自治大臣賞」を受賞
63年
4月
児童福祉施設(助産施設)の設置
平成元年
10月
公立八鹿病院40周年記念式典開催・40周年記念誌誌発刊
2年
2月
透析室(35床)増改築
3月
公立八鹿病院誌創刊号発刊
4月
公立八鹿病院組合に美方郡美方町が加入(構成町6町)
3年
3月
MRI室増改築し、MRI導入
4年
4月
公立八鹿病院看護専門学校開設
11月
公立八鹿病院老人保健施設開設
12月
ドック室(12室)・病歴室新築
5年
2月
南但訪問看護センター開設し、業務開始
3月
リニアック導入
4月
看護専門学校学生宿舎新築
6年
2月
オーダリングシステム導入
4月
へき地中核病院に指定される・健康管理センター開設
8年
7月
7病棟増築(50床) (一般病棟359床・結核病棟24床 計383床)
透析室増築・八鹿町地域福祉センター開設
10月
西南但馬医療圏域における災害拠点病院に指定
12月
心臓血管撮影室・脳血管撮影室増築
10年
3月
ヘリカルCT導入
8月
朝来訪問看護ステーションを朝来町に開設し、業務開始
10月
栄養関係功労者表彰(集団給食施設)厚生大臣表彰
11月
健康保健優良事業所表彰(社会保険庁官表彰)
11年
4月
第二種感染症指定医療機関の指定
  (一般病棟359床・結核病棟20床・感染4床 計383床)
9月
救急医療功労者厚生大臣表彰を受賞
13年
4月
居宅介護支援事業所開設
8月
回復期リハビリテーション病棟(50床)を開設
14年
5月
新病院建設入札会
6月
新病院建設工事開始
15年
10月
臨床研修病院指定
16年
4月
病院機能評価認定
養父市誕生により1市2町の構成となる
11月
八鹿病院現地新築整備事業第1期工事完成
  (一般358床、療養55床、結核7床)合計420床となる
17年
4月
香美町誕生により1市1町の構成となる
18年
10月
八鹿病院現地新築整備事業第2期工事完成(外来棟、中央診療部門)

 19年

1月

電子カルテ導入

9月

八鹿病院現地新築整備事業グランドオープン
22年
5月
病院機能評価リハビリテーション付加機能認定
23年
4月
指定障害福祉サービス事業者(療養介護)指定
23年
12月
兵庫県「がん診療連携拠点病院に準ずる病院」指定
24年
11月
地域医療支援病院承認
25年
6月 兵庫DMAT指定病院
26年 4月 DPC対象病院指定
26年
5月 南但訪問看護センター日高サテライト開設
 
11月 南但訪問看護センター関宮サテライト開設
27年
1月
地域包括ケア病棟(50床)を開設
 
4月 朝来訪問看護ステーションを南但訪問看護センター朝来サテライトに変更

病院の生い立ち


公立八鹿病院の前身は、旧八鹿町の伝染病隔離病舎の一部を転用し、昭和21年10月に開設された日本医療団八鹿病院であったが、昭和24年8月、日本医療団の解散に伴い、八鹿町国民健康保険直営の公立八鹿病院となる。
昭和32年4月、八鹿町・養父町・大屋町・関宮町・村岡町・和田山町の6ヶ町により、国民健康保険八鹿病院組合を組織し、病院経営を八鹿町より移管し、病院整備を図る。同年8月、組合の名称を現在の公立八鹿病院組合に変更。昭和34年3月、和田山町が病院組合を脱退し、5ヶ町による経営となる。

昭和46年度から3ヵ年計画により、病棟の増築及び外来診療棟、手術・中材室等の増改築事業を行ったが、以後も患者数の増加が著しく、昭和51年度に病院 整備計画を策定、同整備計画により昭和52年度を初年度とし、栄養棟の新築、中央検査室の拡張整備、病棟増築を順次施工、昭和59年度に管理棟の新築及び 駐車場の拡張整備を行い整備計画を完了する。

昭和60年度には、耳鼻科医師の赴任により総合病院の承認を得、その後も診療棟の増改築、結核病棟の改築、人間ドック・病歴室等の整備を順次施行した。平成8年7月には南棟(病棟50床、福祉センター、透析室)が完成し、病床数383床となる。
 

この間村岡病院の移転新築事業計画が策定され、それを機に平成2年4月から美方町が病院組合に加入、6町による病院組合組織となった。
 

平成4年4月には、看護専門学校を開校、同年11月には老人保健施設、平成5年2月南但訪問看護センター、平成10年8月には朝来訪問看護ステーション、平成13年4月には居宅介護支援事業所をそれぞれ開設し、病院施設だけでなく教育及び介護・福祉施設もてがけ、保健・医療・福祉の包括医療体制を作ってきた。
 

病院施設の老朽化により平成14年6月に八鹿病院現地新築整備事業に着手し、5年かけて平成19年8月にグランドオープンし、病床数420床となった。

平成26年5月に南但訪問看護センター日高サテライトを、その後関宮サテライトを開設、朝来訪問看護ステーションを朝来サテライトに変更し広範囲にわたる地域の在宅療養に対応。また、平成27年1月には地域包括ケア病棟50床が認可され、急速に高齢化が進む当地域において在宅復帰支援に注力している。


 

 

 

ページの上へ
 

ページTOPへ