麻酔科

診療科


ごあんない

手術室での全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔(下半身麻酔)等の周術期管理を行っています。それぞれの患者さんに専属の麻酔科医(麻酔科専門医または麻酔科標榜医)がつきます。

  • 月曜午前中に手術前の診察を行っています。
  • 手術中の深部静脈血栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)を予防するためにマッサージポンプを導入しております。
  • 各部屋のモニタリング状況が他の部屋でも観察できるようにセントラルモニター、ネットワークシステムを配置しており患者さんの状態を常時複数の麻酔科医による監視が可能となっております。

質の高い、安全な麻酔を心がけております、疑問質問なんでも結構ですのでお気軽に麻酔科医に声を掛けてください。


【術前診察
手術までに、術前診察および麻酔説明を行います。麻酔に対する疑問・質問等ございましたらご質問ください。 
 

【術中管理
術中誤嚥を予防するために絶飲食の指示があります。
手術室にて点滴を確保いたします。(午後からの手術の場合は病室で点滴を行います。)
Total Pain Free ANESTHESIA(周術期を通じて痛みがない麻酔)を目標にしております。そのために麻酔時に背中から細い管を入れて(硬膜外麻酔)術後に創部痛のみを取ったり、場合によってはPCA(患者さんが自分で鎮痛薬のコントロールをする)を用いたりと様々な方法を行っています。
小さなお子様の場合には入室まで保護者の方が付き添える同伴入室も希望に応じて行っております。

【安全な麻酔のために
 ・心電図(心臓の状態や不整脈を監視)
 ・パルスオキシメーター(血液中の酸素の量を評価)
 ・自動血圧計
 ・体温
 ・麻酔ガスモニター(麻酔ガスの濃度や血液中の炭酸ガスの濃度を測定)

これらのモニタリングは麻酔管理が必要な患者さん全員に行います。なによりも重要なのは麻酔科医による術中監視です。当院では個々の患者さんに対して麻酔科医が必ず一人担当し、安全で極め細かい麻酔管理を実施しております。

 

【術後管理】
手術当日および翌日以降に担当麻酔科医が訪床いたします。痛みだけでなくどんな小さな事でも質問や希望があればおっしゃって下さい。
また、いつでも麻酔科医に質問があれば担当の看護師にお知らせください。



麻酔の種類
  • 全身麻酔
    主に点滴より静脈麻酔薬を注射して麻酔を開始します。約30秒で意識がなくなります。 手術は寝ている間に終わります。 手術中は原則として気管挿管による人工呼吸を行います。麻酔中は麻酔科医が呼吸・血圧・脈拍・体温・尿量等に絶えず目を配ります。 手術終了後約10分程度で意識は回復します。意識・呼吸・循環に問題なければ、病室に帰室していただきます。
     
  • 硬膜外麻酔
    主に全身麻酔や脊椎麻酔に併用して行います。
    背中から細い管を入れて手術部位の脊髄神経を選択的に麻酔します、これにより手術中はもちろん術後にも創部の疼痛緩和が可能となります。
    通常術後一番痛い時期(1~3日)の間行います。
     
  • 脊椎麻酔(下半身麻酔)
    下腹部以下の手術(下肢の骨折や帝王切開など)に行います。
    術中は意識がありますが、希望がありましたら薬を使って手術の間だけ眠っていただく事も可能です。術後鎮痛目的のため、硬膜外麻酔を併用することもあります。


診療スタッフ
医師名 役職 卒年  
富 勝治
とみ かつじ
組合管理者 昭和51年卒  

山本 節
やまもと みさお

医師 平成29年卒  


治療実績

平成30年度麻酔症例数

年度 総数 全身麻酔 脊椎麻酔 局所麻酔 伝達麻酔 静脈麻酔
平成30年度 700 350 93 189 31 37

 

クリニカルインディケーターを見る

 


ページTOPへ