介護福祉士インターンシップ研修を実施しました

八鹿病院からのお知らせ

老人保健施設にて桃太郎の歌に合わせて「桃太郎体操」を利用者さんにレクチャーする学生さん

8月8日、22日の2日間、当院にて介護福祉士インターンシップ研修を実施しました。

介護福祉士のためのインターンシップ研修は今年度が初めての開催で、介護福祉士を目指す高校生(1・2年生)にご参加いただきました。

研修では、10病棟や当院併設の老人保健施設に勤務する介護福祉士のもと、音楽療法への参加や嚥下に注意が必要な患者さんの食事介助の見学、利用者さんとのレクレーションに参加し、交流するなど、実際の業務の中でどのような工夫をしているかなどをお伝えしながら見学・体験していただきました。

研修を終えられた学生さんから「楽しかった」という声も聞くことができました。先輩介護福祉士と行動を共にすることで、将来働くイメージが少しでも描くことができ、その中で楽しいと感じていただくことができ大変嬉しく思います。

参加された皆さんが、将来、介護福祉士としてご活躍されることを楽しみにしています。

多職種が集まり情報共有するカンファレンスに参加していただきました。

音楽療法に参加しました。「歌詞を指さしてあげると患者さんがわかりやすいよ」と先輩より教えられ実践されていました。

音楽療法が終わり、食事テーブルに移動する介助のお手伝いを一緒にしました。

飲み込む力が低下する患者さんの食事介助を注意点などを聞きながら見学しました。


ページTOPへ