研修プログラムについて

初期研修


令和2年度 「ようか臨床研修プログラム」

当院の研修理念
医師に求められる基本的な能力と態度を培い、プライマリ・ケアに従事できる医師を養成するプログラムです。
地域を基盤とした研修プログラムで、地域医療に精通し、地域包括ケアシステムに貢献できる医師を養成します。

 

研修プログラムの特色
当院では急性期医療に加えて慢性期医療、リハビリ、緩和ケアなどを提供しており、包括的・継続的な医療を経験できます。

内科・外科の研修を少し長めに設定し、一般外来の並行研修を行い、感染対策や緩和ケアの研修に十分な時間をとっています。

救急の研修では専従の指導医による指導を受けていただき、2次救急までの幅広い症例を経験できます。さらに救命救急センターでの研修を希望する場合には、2年次の選択科目で選択することができます。

地域医療の研修では公立村岡病院(在宅療養支援病院)、養父市医療・介護施設群(当院、老人保健施設、診療所)のいずれかを選択していただきます。いずれも在宅医療を経験できるプログラムになっています。

当院には付帯施設として老人保健施設、訪問看護ステーションなどがあり、地域の包括的なヘルスケアのシステムにおいてシームレスなサービスを提供しています。地域包括ケアの枠組みの中で豊富な症例を経験することができます。


研修医の労働環境について
研修医の時間外・休日の労働が過重にならないよう細心の注意を払い、研修医のワークライフバランスを重視しています。
原則として時間内に効率の良い密度の高い研修ができるよう配慮しています。


多職種連携・協働
看護師、臨床検査技師、診療放射線技師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、MSW、事務職員などが研修に協力しています。
多職種連携・協働を実務の中で習得でき、働きやすい環境になっています。



研修を行う施設と期間について

(1年次)

(2年次)



ページTOPへ