院長挨拶・基本理念

病院の概要

院長ご挨拶:「公立八鹿病院の特色と課題」


公立八鹿病院

院長 後藤 葉一


 このたび谷風三郎前院長の後任として、公立八鹿病院の第10代院長を拝命しましたので、着任のご挨拶を申し上げます。公立八鹿病院は、昭和24年(1949年)に八鹿町国民健康保険直営公立八鹿病院として発足し、昭和32年に国民健康保険八鹿病院組合が組織されのちに公立八鹿病院組合に改称、平成16年(2004年)に病床数が420床に拡充され、平成19年(2007年)に現在の病棟がグランドオープンとなっています。

 当院の特色として、南但馬地域の急性期医療から慢性期医療までを担う病院として、充実した医療職スタッフ(リハビリ療法士、管理栄養士、院内助産師、看護師、薬剤師、音楽療法士など)の活発な活動により、急性期診療のみならず、回復期リハビリ病棟、地域包括ケア病棟、緩和ケア病棟、透析センター、結核病棟、障害者施設、人間ドック、訪問医療(訪問リハビリ、服薬指導、栄養指導)、老健施設、介護事業までを展開し、まさに地域住民の生命を守り健康長寿を実現する役割を果たしている点が挙げられます。この点で、「超高齢化を迎えた現代日本において包括的な地域医療を実践している先進的医療機関」と言えます。

 一方で当院の課題として、常勤医師確保と経営改善が挙げられます。この2つの課題はわが国の多くの地方公立病院が同様に抱えているもので、その解決は容易ではありません。この点に関して、日頃の診療業務をご支援いただいている応援医師および医師会の先生方には深く感謝申し上げます。それと同時に、やる気に満ちた若い医師が当院での勤務を希望して来る病院になるためには、八鹿病院自身が教育研修体制の充実した働き甲斐のある医療機関である必要があり、そのためにはガイドラインやエビデンスに基づく質の高い医療の実践、治療方針決定プロセスの透明化、カンファレンス・症例検討会・抄読会の充実、教育研修プログラムや学術研究活動の活性化などにこれまで以上に精力的に取り組む必要があります。

 また、経営改善のためには透明性のある病院運営とそれに基づく住民からの信頼が必須です。当院が立地する養父市(やぶし)は、「なにかと読めないまち、養父市」というキャッチフレーズを掲げていますが、先日私の着任早々、恩師の先生から「『ようふし』を地図で調べても出てこない、いったいどこへ赴任したのか?」と電話がかかってきて、苦笑しました。地名は読みにくくても、外部から見てわかりやすい診療体制や病院運営を心掛けることが住民からの信頼につながり、それが長期的な経営改善にもつながると考えています。これに関連して、病院内外の多彩な診療部門や職種が円滑に連携することにより信頼性の高い医療を提供するというこれまで実践してきた方針をさらに強化することも重要です。

 最後になりますが、私は昭和51年に京都大学医学部を卒業し、京都大学医学部付属病院、田附興風会北野病院を経て昭和55年に国立循環器病研究センターに赴任し、途中2年間の米国留学をはさんで本年3月まで同センターで、研究所冠循環研究室、病院内科系集中治療室(CCU)、心臓血管内科、循環器病リハビリテーション部を担当し、また2014年からは日本心臓リハビリテーション学会理事長職も拝命しています。これまではナショナルセンターで循環器疾患の最先端医療を追求してまいりましたが、今後はこれまで培った知識・経験・人脈を糧として当院で地域医療に貢献したいと存じます。ナショナルセンターでの最先端医療と地方の公立病院の医療には一見大きな違いがあるように見えますが、ゴールとして病気に悩む人々の健康回復や快適な生活の実現をめざすという点では共通していると考えています。

 公立八鹿病院は「基本理念」として、『私たちは、地域中核病院として、医の倫理を基本に、質の高い医療と優れたサービスをもって、住民の健康を守り、地域の発展に尽くします。』と宣言しています。この基本理念の実現のために、微力ながら誠心誠意尽くしたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。


【院長略歴】
 1976年 京都大学医学部卒業
 1980~1991年    国立循環器病センター研究所
 1986~1988年  米国バーモント大学に留学      
 1991~2006年    国立循環器病センター心臓血管内科 医長
 2006~2017年    国立循環器病研究センター心臓血管内科・循環器病リハビリテーション部 部長
 2003~2017年    京都大学医学部臨床教授(循環器内科学) (兼任)
 2017年4月         公立八鹿病院 院長

【その他の活動】
  日本心臓リハビリテーション学会理事長、日本医療研究開発機構(AMED)副主任研究者、日本循環器学会ガイドライン執筆委員など




公立八鹿病院基本理念

『私たちは、地域中核病院として、医の倫理を基本に、質の高い医療と優れたサービスをもって、住民の健康を守り、地域の発展に尽くします。』

【行動指針】                                             
1.患者さん中心の医療
私たちは、患者さんの人権の尊重と人間愛を基本に、説明と同意による患者さん中心の医療を目指します。

2.サービスの提供
医療の安全性を高め、心のこもった思いやりのある医療の提供に努めます。

3.医療水準の向上
質の高い医療を提供するために、私たちは日々研鑚に励み、医療水準の向上に努めます。

4.地域への貢献
私たちは、地域医療機関との連携を密にし、疾病予防と急性期から慢性期までの 一貫した医療を行い、地域の人達が安心して暮らせる社会作りに貢献します。

5.救急医療
救急医療を積極的に推進します。

6.健全経営
公的病院として、地域に必要とされる病院となるために、効率的な管理運営を行い、健全経営に努めます。


ページTOPへ