平成29年度

病院情報の公開

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 77 27 58 112 96 161 447 630 871 327
退院患者の年齢別患者数を集計しています。
当院は南但馬地域の中核的な病院として様々な年齢層の患者を受け入れています。
高齢化の影響もあり60歳以上の患者数が多く、全体の約81%となっています。
また慢性期医療も充実しているため、90歳以上の入院患者が多いのも特徴です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数
平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 56 41.39 20.83 3.57% 87.84  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 49 35.16 12.34 4.08% 82.16  
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 48 27.44 17.71 0.00% 85.90  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 44 55.05 10.61 0.00% 75.23  
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり 36 35.00 21.86 0.00% 88.19  
高齢者の罹患率が高い誤嚥性肺炎、尿路感染、心不全が上位となっています。
誤嚥性肺炎は病気や加齢により嚥下機能が低下した場合に起こりやすい肺炎で、入院される方の平均年齢も高くなっています。
胆石・総胆管結石やそれによる炎症も多く、内視鏡による結石除去術などの治療を数多く行っています。約半数が10日以内に退院しており、短期間での入院加療が可能となっています。
肺炎(誤嚥性肺炎以外)については重症度により細かく分類されています。原因菌不明なものが最も多いですが、肺炎球菌による肺炎も約12%あり肺炎球菌ワクチンの定期的な接種が重要です。

 

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 47 5.38 6.18 2.13% 0.00  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 処置2なし - - 11.49 - -  
140010x197x0xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 処置2なし - - 8.41 - -  
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症,心房中隔欠損症を除く)(1歳未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし - - 8.67 - -  
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 - - 9.64 - -  
当院で出生した新生児に関して、新生児黄疸に対する光線療法、帝王切開による出生児の管理、早産児・低出生体重児などの入院があります。

 

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 21 6.38 6.64 0.00% 60.71  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 19 8.68 8.98 10.53% 70.84  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 13 5.92 5.56 0.00% 36.08  
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1あり 処置2なし 12 14.17 13.52 8.33% 80.33  
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置2_3あり 定義副傷病なし 11 3.00 6.83 0.00% 74.91  
胆石等の腹腔鏡手術、腸閉塞(保存加療)、急性虫垂炎(手術)での入院が上位となっています。開業医からの紹介による救急患者も多く受け入れており、緊急手術も行っています。
腸閉塞に関しては絶食・点滴等の保存的加療で改善しない場合、主に鼻から腸管の閉塞している所まで管を挿入して治療を行うこともあります。
悪性腫瘍の治療については外科的手術や化学療法などがありますが、患者さんの進行度(病期・ステージ)に基づき、全身状態・合併症なども考慮して適切な治療を行っています。

 

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 59 46.47 27.09 8.47% 85.61  
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 56 29.61 19.94 0.00% 81.71  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 16 33.75 25.09 0.00% 78.50  
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病なし 12 30.00 15.22 25.00% 84.58  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 処置2なし 12 33.08 19.97 0.00% 79.33  
高齢者の大腿骨近位部骨折が多く、状態に合わせて手術を行うか保存的に治療するかを決定しています。術後は翌日からリハビリを開始し、退院後のQOL(生活の質)をなるべく低下させないよう努めています。
脊椎圧迫骨折の場合、主に手術を行わない保存的治療となります。痛みが取れるまで約1カ月の入院となります。
変形性関節症は膝がもっとも多く、股関節、手関節のケースもあります。
どの疾患においても入院・手術後早期から積極的にリハビリを行い、機能回復を目指します。

 

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 10 10.60 16.38 10.00% 74.40  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし - - 9.68 - -  
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 3,4又は5 - - 20.20 - -  
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり - - 21.48 - -  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 19.10 - -  
脳神経外科入院の約5割が脳梗塞(アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞など)、約1割が脳出血(視床出血など)となっています。
主に点滴による保存的治療となりますが、クリニカルパスの使用などにより全国平均より短期間での退院が可能となっています。

 

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 13 7.31 11.73 0.00% 67.69  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし - - 8.50 - -  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.95 - -  
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし - - 14.71 - -  
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 処置1なし - - 17.95 - -  
蜂巣炎、丹毒などの急性膿皮症は四肢末端近く(とくに下腿)に多く、抗菌剤点滴とともに四肢拳上・安静が重要であるため、入院加療を行っています。患部の皮膚切開を行い排膿処置を行う場合もあります。約半数が30歳代から60歳代の患者であり、比較的若い年齢層となっています。
帯状疱疹は水ぼうそうと同じ水痘帯状疱疹ウイルスが原因であり、ストレスや疲れ・免疫機能の低下などにより発症しやすくなります。
また皮膚の悪性腫瘍(有棘細胞癌、悪性黒色腫など)に対する切除術も行っています。
 
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
120180xx97xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 その他の手術あり 13 2.31 5.37 0.00% 32.69  
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 10 10.20 9.75 0.00% 31.10  
120140xxxxxxxx 流産 - - 2.43 - -  
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 - - 9.67 - -  
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術,子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む)等 - - 2.49 - -  
産科領域では帝王切開での入院や、難産、切迫早産の妊婦さんの入院があります。また骨盤位(逆子)に対する外回転術も行っています。
手術には帝王切開術、吸引娩出術を含みます。
婦人科領域では子宮内膜増殖症や子宮内膜ポリープに対する手術も行っており、平均3日の入院となります。
 
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 13 8.92 9.18 0.00% 59.46  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.48 - -  
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.45 - -  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.23 - -  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.15 - -  
突発性難聴とは、突然発症する難聴ですが原因は明確になっていません。30~60歳代が中心の疾患であり、当院でも約62%が40~60歳代となっています。主にステロイドホルモン剤による点滴加療を行います。
扁桃周囲膿瘍は扁桃の周囲に膿がたまった状態です。重症化すると気道閉塞を起こすこともあります。入院管理で抗生剤投与等行います。
顔面神経麻痺については早期に治療を開始することが大切であり、主にステロイド剤による点滴加療を行います。
また慢性副鼻腔炎に対する手術やめまいなどの治療も行っています。
 
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2なし 11 11.27 11.44 0.00% 79.45  
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 13.04 - -  
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし - - 9.88 - -  
050180xx01xxxx 静脈・リンパ管疾患 四肢の血管拡張術・血栓除去術等 - - 15.68 - -  
060050xx97x2xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2_2あり - - 29.22 - -  
肝細胞癌に対する血管塞栓術(がんに栄養を運んでいる血管を人工的にふさいでがんへの血流を減らし、抗がん剤によりがん細胞の増殖を抑える治療法)の入院が多くなっています。多発肝癌などの場合も適応があります。
閉塞性動脈硬化症に対するステント留置なども行っています。
 
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 37 79.38 19.10 0.00% 72.76  
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 36 76.86 16.33 2.78% 77.03  
010060x0990211 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病1あり 発症前Rankin Scale 0,1又は2 29 80.62 17.97 3.45% 78.14  
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病なし 14 47.71 15.22 0.00% 80.21  
010060x0990221 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病2あり 発症前Rankin Scale 0,1又は2 10 54.70 30.21 0.00% 78.20  
当院は但馬で唯一回復期リハビリテーション病棟を有しており、多職種スタッフが協力し充実したリハビリテーションを365日提供することが可能となっています。
主に脳卒中などで体が不自由になり「今の状態では自宅で生活できない」と困られている方の転院・転棟を受け入れ、1日約2~3時間の集中的なリハビリテーションを行い退院後の在宅での日常生活が可能となるようサポートしています。そのほかに大腿骨骨折などの入院もあります。
全退院患者の約9割が自宅へ退院されています。
 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34 13 10 10 - 34 1 第7版
大腸癌 18 10 - 13 - 17 1 第7版
乳癌 - - - - - - 1 第7版
肺癌 - - - - - - 1 第7版
肝癌 - - - - - 37 1 第7版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌については早期癌に対して内視鏡治療を行っており、ステージ1の割合が多くなっています。そのほかに、手術や化学療法なども行っています。
大腸癌は当院では胃癌に次いで多く、病期分類に応じて内視鏡治療、手術や化学療法など、さまざまな治療を行っています。胃癌と同様に早期に発見されたものについては内視鏡による切除が可能であり当院でも数多く行っているため、ステージ1の割合が多くなっています。
肝臓癌については手術や化学療法のほか血管内治療やラジオ波焼灼などの治療を行っています。
さらに緩和ケアも併設しており、早期~進行性の癌まで患者さんの状態に寄り添いながら適切な治療を提供しています。
 
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 12.27 52.09
中等症 54 23.59 81.06
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、自宅で生活をしている人がかかる肺炎のことです。重症度は、年齢性別、脱水の有無、血液中の酸素量、意識障害の有無、血圧により分類されます。
軽症は通常外来治療が主となりますが、既往症や全身状態から入院治療となる場合もあります。
中等症の場合は入院・外来いずれかで治療となりますが、高齢者が多いこともあり入院での治療が多くなっています。
重症度が高いほど平均年齢も高くなっており、高齢の方は重症化する率が高いことが分かります。
 
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 54 49.85 77.63 9.26%
その他 106 73.01 77.91 2.83%
発症から3日以内の急性期の場合は一般病棟で抗血栓薬の点滴治療を行います。
当院の回復期リハビリテーション病棟では、他院での急性期脳梗塞治療後にリハビリテーションを重点的に行う転院患者さんを積極的に受け入れており、入院患者の約6割が転院患者となっています。
退院後は9割以上の方が自宅や施設に帰られています。
 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 106 0.70 1.58 0.00% 69.47  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 24 3.50 15.46 0.00% 78.25  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 23 0.78 7.04 0.00% 76.13  
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 23 9.48 19.57 4.35% 76.78  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 22 3.09 16.09 0.00% 77.00  
当院内科では消化器内科の医師が充実していることもあり、消化器系の内視鏡手術が上位となっています。もっとも多かったのは大腸ポリープの内視鏡での切除でした。内視鏡での大腸ポリープの切除は内科のほか外科・胃腸科の患者さんに対しても行っており、平成29年度の総件数は294件となっています。大腸ポリープとは良性の病気ですが、近年増加傾向であり、がん化することもあるため定期的な検診による早期発見・早期治療が重要です。大腸ポリープ切除は外来治療が可能ですが、状態に応じて1泊入院で経過を見させて頂くことがあります。治療された方の約3割が入院となっています。
多数の胆道・膵臓疾患(総胆管結石、閉塞性黄疸)に対して、積極的な内視鏡インターベンション治療(EST、各種ステント挿入など)を行っており、安定した治療成績を修めています。
早期胃癌に対してはESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)治療を積極的に行い、開業医からの紹介患者も含め多くの方に安定した治療を行い成果を上げています。治療の進歩などにより胃癌で亡くなられる方の割合は減ってきていますが、胃癌は小さい早期の段階では症状が現れることは少なく、またかなり大きくなって進行した段階であっても症状が現れにくいことがあるため、定期的に検診を受けて早期発見・早期治療を行うことが重要となります。
肝細胞癌に対しては、放射線科の医師と連携し血管塞栓術を行っています。患者さんへの負担が少なく、約10日ほどの入院期間となります。
また5位の血管塞栓術と同件数で透析患者さんのシャント閉塞に対する血栓除去術も行っています。
 
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 38 1.00 3.82 0.00% 65.34  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 33 2.55 4.97 0.00% 60.94  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 13 0.23 4.69 0.00% 36.08  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 4.23 13.08 0.00% 72.92  
K6335 鼠径ヘルニア手術 12 1.08 4.25 8.33% 73.67  
2018年度は4名の医師で年間237件の手術を行いました。鼠径ヘルニア、胆嚢結石やそれによる炎症、急性虫垂炎、癌の手術など、患者さんに負担の少ない腹腔鏡を使用した手術を行っており、術後の回復も早いため入院期間の短縮につながっています。病状に合わせて開腹手術になる場合もあります。
 
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 54 2.20 43.04 7.41% 85.54  
K0821 人工関節置換術(膝) 23 2.17 33.22 0.00% 78.09  
K0462 骨折観血的手術(前腕) 15 2.27 17.53 0.00% 68.80  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 12 3.42 49.50 8.33% 86.92  
K0463 骨折観血的手術(足) - - - - -  
高齢者に多い転倒や骨粗しょう症などによる骨折、変形性関節症などに対し手術を行っています。高齢の方の手術は伴うリスクも大きいですが、退院後の生活も考え、可能な限り手術による治療を行い機能回復を図っています。
手術後はリハビリを積極的に行い、早期離床を目指しています。
 
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 18 0.44 0.78 0.00% 31.44  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 11 2.55 6.82 0.00% 30.45  
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -  
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) - - - - -  
K893 吸引娩出術 - - - - -  
産科領域では過去に帝王切開で出産された妊婦さんや、逆子の赤ちゃんなど安全なお産のための予定帝王切開のほかに、難産などによる緊急帝王切開も行っています。
婦人科領域では子宮内膜増殖症に対する子宮内膜掻把術が多くなっています。
 
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 12 1.42 11.33 0.00% 78.67  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -  
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -  
K620 下大静脈フィルター留置術 - - - - -  
               
肝細胞癌に対する血管塞栓術がもっとも多くなっています。肝動脈にカテーテルを挿入し治療を行います。癌の大きさや個数、肝機能が原因で手術が難しい場合でも血管塞栓術は可能である場合があり、さまざまな患者さんに対応できる可能性があります。
閉塞性動脈硬化症に対するステント留置なども行っています。

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 13 0.46%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 1.18%
異なる - -
臨床上ゼロにはなりえないものの、医療の質の改善に資するため、少しでも改善すべき4症例の症例数と発生率です。
「入院契機」の「同一」とは、入院時にすでに発症していてそれにより入院となったことを表し、「異なる」とは入院後に新たに発症したことを表しています。
手術・処置等の合併症については全例が「入院契機」が「同一」であり、入院中の発症ではなく合併症が原因で入院されています。

合併症の内訳:術後創部感染、術後膿瘍、後出血、透析シャント狭窄、人工関節脱臼、子宮内避妊具の機械的合併症

更新履歴
平成30年9月27日


ページTOPへ