機器の紹介

画像診断科




X線撮影装置

検査内容

胸部、腹部、四肢等、全身のX線写真を撮影します。

機器の特徴

FPD(フラットパネルディテクタ)を搭載したフルデジタル一般撮影装置。より診断能の高い画質を得ることが出来ます。

2番撮影室

3番撮影室



CT装置

検査内容

X線を利用し、全身の断層写真を撮影します。

機器の特徴

64列の検出器を使用して短時間に多くの情報を得ることが出来ます。心臓や大腸の検査も行っています。新しいCT装置では、少ない線量、少ない造影剤での検査が可能です。

第1CT室

第2CT室



MRI装置

検査内容

磁場を利用し、全身の断層写真を撮像します。

機器の特徴

高磁場の1.5テスラMRI装置を導入。高速広範囲に撮像出来ます。新しいMRI装置では、映像を見ながら検査が可能となりました。

第1MRI室

第2MRI室

SensaVue
映像を見ながら検査が可能になりました



血管撮影装置

検査内容

胸部、腹部、心臓等の血管に造影剤を注入し、診断・治療します。

機器の特徴

Philips社製の最新システムを導入したことで、装置の操作性がアップしました。また、患者さんをあらゆる方向、角度からの撮影やCTのような断層像、立体像を作成し、これらの情報をもとに精度の高い治療が可能となります。さらに今までの装置と比べ、より少ない線量での撮影が可能で、被ばく線量を低減することができます。


X線透視装置

検査内容

様々な透視検査や透視下処置を行います。

機器の特徴

FPD(フラットパネルディテクタ)使用した装置です。多方向から撮影でき、患者さん自身の負担を軽減することが出来ます。

2番透視室(アイランド型)

3番透視室(アイランド型)



マンモグラフィ装置

検査内容

乳房の専用装置で撮影します。

機器の特徴

次世代の技術となるフォトカウンティング方式とスペクトラルイメージングを搭載し、低線量で高精細な画像が得られます。

デジタル式乳房用X線撮影装置

日本乳がん検診精度管理中央機構よりデジタルマンモグラフィ検診施設画像認定施設の認定を受けています。



エコー装置

検査内容

超音波を利用し乳房、甲状腺、腹部等撮像することが出来ます。
※乳腺エコーは女性技師が検査を行います

機器の特徴

フルデジタルで高画質の画像を得ることが出来ます。

エコー装置①

エコー装置②



骨密度測定装置

検査内容

X線を利用し骨のミネラル量を調べることにより骨の強度を知ることが出来ます。

機器の特徴

被ばく線量が少なく、短時間に骨のミネラル量を調べることが可能です。

骨密度測定装置

検査結果イメージ



RI検査

検査内容

放射線医薬品を注射し、体内から出るガンマ線をカメラで撮像します。

機器の特徴

頭から足まで全身の検査が可能。また血流や機能評価も出来ます。

SPECT装置



放射線治療

※新しい治療装置(リニアック)を導入しました!

内容

高エネルギーのX線や電子線を用いて腫瘍に照射します。

機器の特徴

様々なエネルギーで腫瘍の形に合わせて照射出来ます。また、最新の計画装置により、治療に適した角度・大きさ・線量を決定します。

放射線治療装置


ページTOPへ