病院情報の公開(令和元年度)

統計・データ

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 83 34 69 136 103 189 380 710 964 465
退院患者の年齢別患者数を集計しています
当院は急性期一般病棟・緩和ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟・障害者施設病棟・療養病棟を有しているため、急性期から慢性期まで幅広い医療の提供が可能であり、南但馬地域の中核的な病院として様々な年齢層の患者を受け入れています。
高齢化の影響もあり、年齢階級別では70歳以上の患者数が全体の約68%となっています。
また慢性期医療も充実しているため、90歳以上の入院患者が多いのも特徴です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 102 21.91 12.58 5.88% 82.35  
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 85 27.40 17.71 2.35% 85.61  
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 85 2.72 2.63 0.00% 71.22  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 80 9.24 9.79 1.25% 76.61  
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり 56 25.34 21.84 3.57% 88.20  
高齢者の罹患率が高い尿路感染症、心不全での入院が多くなりました。
尿路感染症での入院の約76%が80歳以上で、性別では約70%が女性となっています。主に抗生剤等の点滴による治療を行います。
心不全は急性と慢性があり、呼吸困難やむくみなどの症状が現れます。慢性の場合でも風邪やストレスなどをきっかけに急激に症状が悪化すること(急性増悪)があり、その場合には急性心不全と同様に点滴による強心薬や利尿剤などの投与を行います。当院では心不全での入院の約70%が80歳以上の慢性心不全となっています。
また、心不全と並んで、大腸ポリープの内視鏡での切除後の入院も多くなっています。大腸ポリープ切除は外来治療が可能ですが、状態に応じて1泊入院で経過を見させて頂くことがあります。治療された方の約3割が入院となっています。
次いで、胆石・総胆管結石やそれによる炎症も多く、内視鏡による結石除去術などの治療を数多く行っています。救急患者などに対する治療も早期に行うことにより回復が早く、短期間での入院加療が可能となっています。
肺炎(誤嚥性肺炎以外)については重症度により細かく分類されているため、上位は他疾患となっていますが、全分類を合わせると36分類223件で最も多くなります。

 

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 50 4.62 6.17 8.00% 0.00  
140010x197x0xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 処置2なし 11 7.09 8.32 9.09% 0.00  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 処置2なし - - 11.16 - -  
14029xxx9900xx 動脈管開存症,心房中隔欠損症 手術なし 処置1なし 処置2なし - - 4.81 - -  
140010x297x0xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術あり 処置2なし - - 15.44 - -  
当院で出生した新生児に関して、新生児黄疸に対する光線療法、帝王切開による出生児の管理、早産児・低出生体重児などの入院があります。

 

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 38 5.37 4.85 0.00% 71.95  
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 22 7.64 7.13 0.00% 65.23  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 20 5.35 6.37 0.00% 61.45  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 19 9.05 8.89 0.00% 72.53  
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 12 13.00 9.79 0.00% 71.08  
鼠径ヘルニア(手術)、胆石等の腹腔鏡手術、腸閉塞(保存加療)、急性虫垂炎(手術)での入院が上位となっています。
当院では鼠径ヘルニアの手術の約80%が腹腔鏡下で行われており、傷も小さく、術後の痛みも少ないので患者さんの負担軽減が図れています。
胆石等に対する手術についてはほぼ全例腹腔鏡下で行い、比較的早期の退院が可能となっています。
イレウス(腸閉塞)とは、何らかの原因によって、腸管の内容物(食物や胃液、腸液やガスなど)の通過が障害される状態をいい、腸管の動きに原因がある麻痺性イレウスや、過去に行った腹部の手術などが原因で癒着をおこす癒着性イレウスなどがあります。当院ではイレウスでの入院の約6割が癒着性イレウスとなっています。

 

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 56 29.41 19.40 3.57% 84.55  
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 56 50.16 25.94 8.93% 83.46  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 20 32.55 23.56 0.00% 79.15  
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 定義副傷病なし 11 44.64 14.43 0.00% 89.00  
160820xx99xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 手術なし - - 18.71 - -  
高齢者の胸椎・腰椎等の脊椎圧迫骨折や大腿骨近位部骨折が多くなっています。転倒などにより受傷されるケースが多いですが、特に外傷歴はないが腰痛が継続し、レントゲンでは見つからない骨折がMRI検査で発見されるケースも増えています。これは、骨粗鬆症が原因の場合が多いため、65歳以上の女性は定期的に骨粗鬆症検診を受けられることをお勧めします。
骨折に関しては、状態に合わせて手術を行うか保存的に治療するかを決定しています。術後は翌日からリハビリを開始し、退院後のQOL(生活の質)をなるべく低下させないよう努めています。
また、令和元年度からは医師が1名増加したことにより、前年度は休止していた変形性膝関節症の手術も再開し、変形性膝関節症の入院も増えています。

当院では、MRIが2台稼動していることから、ほぼ当日に検査ができるため早期診断・早期治療が可能となっており、さらに、充実したリハビリスタッフが入院・手術後早期から積極的にリハビリを行い、患者さんの機能回復を目指しています。

 

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産,切迫早産 手術なし 処置2なし 16 25.50 19.06 25.00% 30.38  
120260xx99xxxx 分娩の異常 手術なし 13 5.92 4.75 0.00% 27.92  
120260xx02xxxx 分娩の異常 骨盤位娩出術等 12 6.58 6.82 0.00% 30.50  
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 処置2なし 10 3.10 3.13 0.00% 42.70  
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - 11.79 - -  
産科領域の切迫早産での入院が最も多く、次いで弛緩出血や帝王切開など分娩に関する入院が多くなっています。
婦人科領域では、子宮頸部異形成に対する手術での入院が多くなりました。子宮頸部異形成とは、子宮頸がんの前段階の状態で20歳代~30歳代の女性に急増しており、当院では20歳代1件、30歳代4件、40歳代3件、50歳代1件、70歳代1件と約8割が20~40歳代となっています。自覚症状を示さないことが多く、子宮頸がん検診を契機に発見されることが多いため定期的に検診を受けることが重要です。

 

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 11 8.82 8.93 0.00% 61.82  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.45 - -  
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.13 - -  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 6.80 - -  
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ,結節 - - 4.87 - -  
突発性難聴での入院が最も多くなりました。突発性難聴とは、突然発症する難聴で30~60歳代が中心と言われていますが、当院では約半数が10~60歳代、あとは70歳代となっています。早期に治療を行うことが大切で、主にステロイドホルモン剤などによる点滴加療を行います。
扁桃炎や顔面麻痺、慢性副鼻腔炎、声帯ポリープによる入院もあり、どの疾患においても比較的若い年齢層の方が多くなっています。

 

リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x0990221 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病2あり 発症前Rankin Scale 0,1又は2 40 73.93 32.87 2.50% 80.85  
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 35 74.00 18.81 11.43% 72.26  
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 20 65.25 16.17 0.00% 71.75  
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 定義副傷病なし 19 44.05 14.43 5.26% 86.26  
010060x0990220 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病2あり 発症前Rankin Scale 3,4又は5 11 55.73 32.90 0.00% 84.18  
当院は但馬で唯一回復期リハビリテーション病棟があり、脳血管疾患や骨折などの患者さんの転院・転棟を多く受け入れています。約70%が脳卒中、約21%が大腿骨などの骨折となっています。
回復期リハビリテーション病棟では、日常生活機能の向上と在宅復帰を目的として、早期より積極的にリハビリテーションを行い、さらに毎日患者さんへ関われるよう365日体制を取っております。手足の動きを取り戻す練習だけでなく残された機能を最大限に生かし、移動・食事・排泄などの日常生活動作(ADL)を中心としたリハビリテーションを提供し、退院後における家庭生活の自立・社会復帰を目指します。
医師・看護師・リハビリスタッフの他、薬剤師・栄養士・医療ソーシャルワーカーなどチーム医療で支援しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 12 10 - - 11 1 第8版
大腸癌 23 13 22 27 11 23 1 第8版
乳癌 - - - - - - 1 第8版
肺癌 - - - - - - 1 第8版
肝癌 - - - - - 25 1 第8版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

患者数は延患者数となっており、同一患者さんが化学療法等で繰り返し入退院をされた場合はその都度カウントされるため化学療法を行っている場合は件数が多くなっています。

早期の胃癌・大腸癌については内視鏡による切除が可能であり、当院でも計37件行っています。
そのほか病期分類に応じて手術、化学療法などさまざまな治療を行っています。
肝臓癌については手術や化学療法のほか血管内治療やラジオ波焼灼などの治療を行います。
当院では緩和ケアも行っており、「がん」と診断された時から起こる身体と心の症状を和らげるケアを積極的に行い、「あなたらしく生きる」ことを支え、患者さんやご家族が安心して生活できるようサポートしています。
また、がんの痛みを有する患者さん一人ひとりに合った痛みを和らげるケアを行う「がん性疼痛認定看護師」も活躍しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 19.10 59.5
中等症 85 24.96 83.41
重症 18 25.67 85.00
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、自宅で生活をしている人がかかる肺炎のことです。
重症度は、年齢・性別、脱水の有無、血液中の酸素量、意識障害の有無、血圧により分類されます。
軽症は通常外来治療が主となりますが、既往症や全身状態から入院治療となる場合もあります。
中等症の場合は入院・外来いずれかで治療となりますが、高齢者が多いこともあり入院での治療が多くなっています。
各重症度の平均年齢から、高齢の方は重症化する率が高いことが分かります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 69 38.10 77.10 7.25%
その他 109 71.76 81.71 5.50%
通常、発症から3日以内の急性期の場合は一般病棟で抗血栓薬や脳保護薬の点滴治療を行います。
当院の回復期リハビリテーション病棟では、他院での急性期脳梗塞治療後にリハビリテーションを重点的に行う転院患者さんを積極的に受け入れており、入院患者の約6割が転院患者となっています。
退院後は約9割の方が自宅や施設に帰られています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 105 2.50 2.90 0.95% 73.19  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 54 2.31 11.39 1.85% 73.09  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 54 1.76 13.33 0.00% 83.09  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 35 29.83 52.29 20.00% 81.11  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 23 1.48 2.65 0.00% 67.78  
消化器系の内視鏡手術が上位となっています。もっとも多かったのは大腸ポリープの内視鏡での切除でした。内視鏡での大腸ポリープの切除は内科のほか外科・胃腸科の患者さんに対しても行っており、令和元年度の入院・外来の総件数は555件となっています。大腸ポリープとは良性の病気ですが、近年増加傾向であり、がん化することもあるため定期的な検診による早期発見・早期治療が重要です。大腸ポリープ切除は外来治療が可能ですが、状態に応じて1泊入院で経過を見させて頂くことがあり、治療された方の約3割が入院となっています。
また、多数の胆道・膵臓疾患(総胆管結石、閉塞性黄疸)に対して、積極的な内視鏡インターベンション治療(EST、各種ステント挿入など)を行っており、安定した治療成績をおさめています。
その他に、胃・大腸の早期悪性腫瘍に対する内視鏡手術(EMR、ESD)も合計37件行いました。

 

小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 12 0.00 6.08 8.33% 0.00  
新生児仮死とは、出生時の新生児に見られる呼吸・循環不全を主徴とする状態です。呼吸、心拍数、皮膚色などから健康状態を評価し、正常・第1度仮死(軽症)・第2度仮死(重症)で判定されます。当院では、主に帝王切開児の軽症の新生児仮死に対し、吸引や皮膚刺激など自発呼吸を促す処置を行っています。

 

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 47 1.64 5.00 0.00% 64.28  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 1.59 3.62 0.00% 70.94  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 15 5.00 14.53 0.00% 78.73  
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 14 12.07 27.07 0.00% 65.07  
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 11 0.55 9.09 0.00% 69.45  
胆嚢結石やそれによる炎症、鼠径ヘルニア、癌、急性虫垂炎の手術など、患者さんに負担の少ない腹腔鏡を使用した手術を行っており、術後の回復も早いため入院期間の短縮につながっています。病状に合わせて開腹手術になる場合もありますが、当院では外科的手術の約7割が腹腔鏡下で行われています。
さらに手術の難易度は若干高くなりますが、単孔式腹腔鏡手術(へそのところに小さな傷ができるだけ)も積極的に行っており、適応疾患(胆石や急性虫垂炎など)に対して患者さんの希望により行っています。また、通常の腹腔鏡下手術に際しても、細経鉗子(3~3.5ミ リ、通常は5ミリ)を用いて、さらなる疼痛の軽減や手術瘢痕の縮小に努めています。

 

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿、上腕) 57 3.81 45.23 8.77% 80.89  
K0821 人工関節置換術(膝) 25 1.08 31.88 4.00% 78.28  
K0462 骨折観血的手術(下腿、前腕、手舟状骨) 10 2.70 30.20 0.00% 47.70  
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) - - - - -  
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -  
高齢者に多い転倒や骨粗鬆症などによる骨折、変形性関節症などに対し手術を行っています。最も多かった大腿の骨折手術は、平均年齢が80歳を超え高齢の方が多く手術に伴うリスクも大きいですが、退院後の生活も考え可能な限り手術による治療を行い機能回復を図っています。
次いで、令和元年度より再開した変形性膝関節症に対する手術が続いています。
下腿、前腕などの骨折に対する手術は小児~90歳代と幅広い年齢層に対し行っています。
どの疾患においても手術後はリハビリを積極的に行い、早期離床を目指します。

 

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) 12 0.00 1.00 0.00% 34.75  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 10 1.00 1.10 0.00% 42.70  
K893 吸引娩出術 - - - - -  
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) - - - - -  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) - - - - -  
産科領域では過去に帝王切開で出産された妊婦さんや、逆子の赤ちゃんなど安全なお産のための予定帝王切開のほかに、難産などによる緊急帝王切開も行っています。
婦人科領域では子宮頸部異形成に対する子宮頸部切除術など行っています。

 

放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 10 0.00 1.90 0.00% 71.70  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - - - - -  
当院ではIVRを行っています。IVRは画像下治療といって、X線透視やCTなどの画像でからだの中を見ながらカテーテルや針を使って行う治療です。当科では肝癌に対する経動脈的化学塞栓術、出血に対する動脈塞栓術、血管狭窄に対する拡張術、ステント治療などを行っています。当科入院でのIVR施行例は上記ですが、他科入院中の方にも多数IVR手技を行っており、それも含めると経皮的シャント拡張術・血栓除去術20件、血管塞栓術17件となります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 10 0.32%
180010 敗血症 同一 12 0.38%
異なる 10 0.32%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.32%
異なる - -
臨床上ゼロにはなりえないものの、医療の質の改善に資するため、少しでも改善すべき4症例の症例数と発生率です。
「入院契機」の「同一」とは、入院時にすでに発症していてそれにより入院となったことを表し、「異なる」とは入院後に新たに発症したことを表しています。
手術・処置等の合併症については全例が「入院契機」が「同一」であり、入院中の発症ではなく合併症が原因で入院されています。


合併症の内訳:後出血、カテーテル関連尿路感染症、人工膝関節のゆるみ、生検後出血、透析シャント閉塞、吻合部狭窄、アナフィラキシー

更新履歴
令和2年9月30日


ページTOPへ