よくあるご質問

画像診断科


Q、検査時間はどのくらいかかりますか?


A、検査内容・混み具合にもよりますが、待ち時間無しの場合だと以下の通りです。

 

 一般撮影(X線写真)  5~10分
 CT  単純撮影5~10分、造影剤使用撮影10~15分
 MRI  20~30分
 RI  注射10分、検査30~40分
 血管撮影  診断40分、治療60分
 エコー  10分
 骨塩定量  5分
 透視検査  胃透視10分
 マンモグラフィ  5~10分

Q、被曝が心配です。大丈夫でしょうか?

A、私達の周囲には、たばこ、食品添加物、排気ガス、自動車交通事故など色々な危険や、健康を害するものがたくさんあります。これらと、エックス線検査を比較すると危険度が非常に少ないことがわかると思います。したがって、一般にエックス線検査による放射線量では害が非常に少ないことがわかると思います。

 健康阻害リスク  平均余命の損失
 喫煙(20本/日)  2370日(6.5年)
 肥満(20%超過)   985日(2.7年)
 全事故の合計   435日(1.2年)
 自動車事故  診断40分、治療60分
 飲酒  200日
 コーヒー    6日
 医療用診断X線    6日

US NRC Regulatory Guide 8.29より


Q、何回も検査を受けますが大丈夫でしょうか?
 A、人は放射線を大量に被曝すると被曝の程度により、いろいろ障害が生じる恐れがあります。しかし、白血病やがんになる可能性が生じるのは、1000ミリシーベルトを超える量といわれています。一般に病院で使用されるエックス線検査の放射線量は、胸部エックス線写真1枚で約0.1ミリシーベルトの量ですので、約1万回検査を受けないと1000ミリシーベルトの量にはなりません。心配しなくても良い放射線量だということがおわかりになると思います。表にエックス線検査一回当りのおよその被曝線量を示します。    胸部  0.1mSv
 腹部  1.5mSv
 頭部  2.0mSv
 腰椎  3.0mSv
 胃透視  15mSv

Q、妊娠しているときには検査しないほうが良いのですか?また、検査後妊娠がわかった場合にはどうしたらいいのですか?

A、腹部は緊急時以外は避けたほうが良いでしょう。しかし、腹部や消化管エックス線検査を受けた場合でも、胎児への障害が問題になるようなことはほとんどありませんが、医師とよく相談しましょう。また、妊娠の時期と検査内容により異なります。胎児に影響を与える最低の放射線量は50から100ミリシーベルトを超える線量といわれていますが、通常の胃の検査では胎児の受ける放射線量は15ミリシーベルト以下であり、奇形などの発生する可能性はほとんどありません。


Q、放射線検査を受けると子供ができにくくなるのですか?

A、通常のエックス線検査などの場合には全く心配ありません。エックス線検査で受ける放射線量は、不妊になる線量の何万分の1の線量であるためその可能性はほとんどありえません。


Q、検査を受けるとき脱衣、更衣をするのはなぜですか?

A、衣服を着て撮影すると、財布・ボタン・アクセサリー・エレキバン・針灸・長い髪などの影が一緒に撮影されることがあり、病巣がかくれたりして正しい診断がしにくくなるからです。


Q、胸部写真で息を吸って止めるのはなぜですか?

A、息を吸い込むと肺に空気が入って肺が広がり、気管支・血管など肺内の構造が見易くなり、より的確な診断ができます。また、止めるのはX線写真がボケるのを防ぐ為です。腹部等の写真においては息を吐いて止める場合もあります。


ページTOPへ