1年次 草壁先生

研修医インタビュー


1年次研修医
草壁香帆里先生


出身地
千葉県

卒業大学(卒業年)
岩手医科大学卒業(令和2年卒)

現在の所属診療科
内科

当直回数
1か月あたり2回(日直0回、当直2回)



臨床研修病院として八鹿病院を選んだ決め手は何?

当院の奨学金制度を利用させていただくにあたり、院内とスタッフの雰囲気が良かったため、選びました。周りに自然が豊富であることも魅力の一つでした。



現在の研修内容について教えてください

内科では入院患者管理を主とし、毎日の回診はもちろんのこと、上級医と適宜相談しながら輸液・検査オーダー等を実施します。治療方針だけでなく、患者さんによっては退院後の生活を見据えた環境調整の取り決めをおこなっていきます。

また、月2回は当直(副直)に入り、救急外来での初診患者のファーストタッチを主におこなっています。



実際に研修をはじめてみて指導体制や先輩医師、スタッフとの関係などはいかがですか?

先輩医師は大変優しく、患者管理などにおいて、わからない点があれば気兼ねなく聞けて的確なアドバイスをいただけるので日々勉強になります。また、当直では、必ず上級医がつき、入院か帰宅かの最終的な判断を研修医任せにせず、場合に応じて軌道修正をおこなっていただけるため、安心して当直には入れるのが良いと感じました。



八鹿病院での臨床研修の魅力を感じる部分は?

検査技師、薬剤師、看護師などコメディカルの方々と分け隔てなく接することができる点が、他院にはない魅力だと思います。例えば、検査結果についてわからないことがあれば、検査技師の方にいつでも気軽に聞きにいくことができ、プロ視点での臨床的アドバイスをもらえ非常に勉強になります。



2年次にむけての意気込みをどうぞ

医学的知識の向上に加え、救急での患者さんへの対応力を伸ばしていきたいです。



これから初期臨床研修病院を選ぶみなさんへメッセージをお願いします

研修医としてのステップアップが望める他、八鹿病院にはここでは書ききれないほど多くの魅力が詰まっています。研修病院を探しておられる方々、是非一度当院をご検討ください。


研修医インタビュー
1
ページTOPへ