内科

診療科



ごあんない

<消化器内科>
多数の胆道・膵臓疾患(総胆管結石、閉塞性黄疸)に対して、積極的な内視鏡インターベンション治療(EST、各種ステント挿入など)を行っており、安定した治療成績を治めています。また、超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)を導入し、今まで病理組織診断が困難であった腸管外腫瘍の診断から治療に反映しています。
早期の食道・胃・大腸癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)治療を、但馬地域の病院で一番はじめに導入し、以降、地域の信頼を獲得しつつ数多くの患者さんに対して安定した治療を行い、成果を上げています。
未来ある若年者に好発症する難病の炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病、以降IBD)が、近年本邦で激増しています。5-ASAなどの基本治療に加え、当院では血球成分除去療法(LCAP、GCAP)や、免疫調節剤やレミケード・ヒュミラなど生物学的製剤の治療にも取り組んでいます。兵庫医科大学など専門施設との綿密な連携をもとに、但馬地方でも充実したIBD診療が享受できるよう研鑽を続けます。


<循環器科>
胸の不快感、圧迫感を感じることはありませんか?心臓の筋肉を養う血管(冠動脈)が狭くなる狭心症という病気が隠れているかもしれません。狭心症の疑いがあれば、冠動脈CTにより篩い分けを行い、冠動脈が狭くなっていれば、冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)を実施し確定診断としています。
狭くなった冠動脈の病変を放置すれば、将来、心筋梗塞を引き起こす可能性があり、病変を風船で拡げたり、ステントという筒状の金網を留置します。
同時に狭心症の患者さんには頭部MRI、頚動脈エコー、血管年齢検査などを実施し全身の血管の劣化の程度を評価します。
更に当院循環器科では、心臓の拍動が遅くなったり止まったりする不整脈(徐脈性不整脈)に対するペースメーカー植え込み手術も実施しています。
また、循環器領域での医療技術の進歩に伴い、当院では対応不可能な例も多くあり、大学病院や高度医療機関へのパイプ役となり、患者さんがより適切な循環器医療を受けられるよう努力しています。
 

<一般内科>
一般内科として全身を診ることを基本としています。どの領域の疾患かわからずにお困りの場合、複数の内科系疾患の総合的な診断や治療が必要な場合には、一般内科を受診してみてください。また、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの慢性疾患をお持ちの方の診療も行っています。専門領域の高度な医療に加えて、一般内科医の立場から全人的なあたたかい医療を目指しており、必要に応じて院内の専門科や他の施設に紹介もさせていただきます。
基本的に予約での診療となりますので、緊急の場合は救急科・総合診療科を受診していただきますようお願いいたします。



診療スタッフ

<消化器>

医師名 役職 卒年  
高内 善
たかうち たくみ
内科部長 昭和60年卒  
原 謙
はら けん
医長 平成21年卒 医学博士 
日本ヘリコバクター学会H.pylori感染症認定医
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
藤村 忠宏
ふじむら ただひろ
医師 平成25年卒  

 

 応援医師(非常勤)

医師名  
森田 龍親
もりた りゅうしん
(日光診療所)
島田 ひかる
しまだ ひかる
(谷尾クリニック)
濱野 建一
はまの けんいち
(浜野医院)


<循環器>

医師名 役職 卒年  
後藤 葉一
ごとう よういち
院長 昭和51年卒 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導医・認定医
渋谷 純
しぶや じゅん
医師 昭和60年卒

日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本透析医学会透析専門医
脈管学会専門医

 

<一般内科>

医師名 役職 卒年  
布施 由佳
ふせ ゆか
医長 平成23年卒 日本内科学会認定内科医
山﨑 海成
やまさき かいせい
医師 平成27年卒  
安田 矩明
やすだ のりあき
医師 平成28年卒  
白神 直人
しらかみ なおと
医師 平成28年卒  


 応援医師(非常勤)

医師名  
新改 拓郎
しんかい たくろう

 
吉田 美智子
よしだ みちこ
 


<呼吸器>応援医師(非常勤)

医師名  
馬庭 幸二
まにわ こうじ
(馬庭内科医院)
田中 健雄
たなか たけお
 


<不整脈>応援医師(非常勤)

医師名  
井川 修
いかわ おさむ
(日本医科大学)


<腎臓>応援医師(非常勤)

医師名  
由良 妃早子
ゆら ひさこ
(由良内科クリニック)


<糖尿病>応援医師(非常勤)

医師名  
藤澤 武
ふじさわ たけし

 




主な対象疾患
  • 循環器疾患
    胸痛・息切れ・呼吸困難・動悸・脈がとぶ・浮腫(むくみ)などの症状
    心筋梗塞、狭心症、不整脈、心不全、心臓弁膜症、心筋症、大動脈瘤、末梢動脈疾患
     
  • 消化器疾患
    腹痛・下痢・便秘・食欲不振・体重減少・貧血 食道・胃・小腸・大腸などの消化管の病気(慢性疾患や悪性腫瘍)
    肝臓・胆道・膵臓の病気(慢性疾患や悪性腫瘍)
    炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)
     
  • 一般内科の対象疾患
    高血圧、糖尿病、脂質異常症、貧血、肺炎、気管支炎、喘息、内分泌疾患(甲状腺など)


主な検査・治療手技
  • 循環器科
    ホルター心電図、運動負荷心電図(トレッドミル)、負荷心筋シンチグラフィ、冠動脈造影CT検査、冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)、ペースメーカー植え込み手術、血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)

 

  • 消化器内科
    ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、EST、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術、内視鏡的乳頭切開術、内視鏡的消化管止血術、各種ステント挿入、超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)、血球成分除去療法(LCAP、GCAP)、免疫調節剤やレミケード・ヒュミラなど生物学的製剤



ページTOPへ