教育理念・教育目的

教育理念

 生命尊重と看護の本質を基盤にその人に寄り添うこころを培い、人々の健康生活を支援できる有能な看護実践者を育成する。
 さらに、豊かな感性と倫理観を育み、自律した人間へと成長し、社会の変化に対応できるために主体的に学び続けることができる専門職業人の育成をめざす。

教育目標

1.

看護の対象である人間を総合的に理解できる能力を養う

2.

対象の健康問題に対して科学的根拠に基づいた計画的・効率的な看護実践ができる能力を身につける

3.

人間の生命と人権の尊重を基盤とした倫理観に基づいた人間関係を形成する能力を養う

4.

保健医療福祉チームにおける看護専門職としての役割と責任を自覚し、多職種と連携・協働できる能力を身につける

5.

社会や医療の変化に対応できるように自己啓発に努め、看護を探究し続ける研究的態度を身につける

校章の由来

  公立八鹿病院看護専門学校のイニシアルの八鹿のYと病院(Hospital)のHを基本に、Yは看護師として社会に活躍している姿を翼で象徴、Hは看護師と患者の信頼を手を取り合っている姿をイメージし、看護学校の略称を「看学」で表現しています。
  さらに、Hospitalの語源には、慈悲のこころ、傷ついた旅人を宿泊させ、こころを癒すなど、Nurseの意味である“なぐさめる”“こころをやわらげる”という看護の本質と通じています。
  従って、HとYは、本校の看護のこころである温かい看護のこころ(HotなHeart)とYは“やさしさ”を象徴しています。


■トラックバック

この記事のトラックバックurl
http://www.hosp.yoka.hyogo.jp/page/rtb.php?page_id=99635f910c9e97f5e02ebf756390e287

ページ一覧
1
Copyright (C) 2009 YOKA PUBLIC HOSPITAL NURSING SCHOOL. All rights reserved.