病院情報の公開

病院情報の公開


平成27年度 公立八鹿病院 病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 72 33 68 110 101 280 579 765 1061 308
退院患者の年齢別患者数を集計しています。
高齢化の影響もあり60歳以上の患者数が多く、全体の約80%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置2なし 184 27.93 14.34 2.17 82.40  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85 42.66 21.69 3.53 83.93  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 67 25.90 12.60 4.48 81.70  
肺炎と尿路感染症の患者さんが上位となっています。
平均年齢が高く、既往症がある患者さんが多いので、入院期間は全国平均よりも長くなる傾向にあります。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 54 5.63 6.17 0.00 0  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 処置2なし 11.59  
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症,心房中隔欠損症を除く)(1歳未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし 9.19  
当院で出生した新生児に関して、新生児黄疸、帝切児、B群溶連菌感染母体より出生した児、巨大児、新生児一過性多呼吸(その他低出生体重児、早期産児など)の入院があります。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 26 8.15 9.17 0.00 71.54  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 26 8.50 6.96 0.00 65.88  
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 25 20.60 17.41 4.00 72.36  
腸閉塞の保存的治療(手術を行わない)、胆嚢結石等の腹腔鏡手術の入院が上位となっています。
次いで大腸悪性腫瘍手術のための入院が多くなっています。
 
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 60 25.73 21.52 8.33 79.75  
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 58 46.28 28.70 8.62 83.74  
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 32 33.75 27.21 6.25 76.84  
脊椎の圧迫骨折はほとんどが手術を行わない保存的治療で、痛みが取れるまで約1カ月の入院となります。
大腿骨の骨折、変形性関節症については手術、リハビリを行っています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010061XXXXX0XX 一過性脳虚血発作 処置2なし 11 9.55 6.30 0.00 70.90  
010069xx99000x 脳卒中の続発症 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 10.85  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 7.03  
脳神経外科の手術は行っておらず外来主体の診療としています。
内科と協力して急性期脳卒中を診療しています。

緩和ケア
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040XX99X00X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 18 32.00 9.24 0.00 84.40  
060060XX99X0XX 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 12.94  
040040XX9900XX 肺の悪性腫瘍 15.00  
緩和ケア科ではさまざまながんに伴う肉体的・精神的苦痛を緩和するため、様々な専門職がチームを組んでケアを提供しています。
当院では消化器がん、呼吸器がんの割合が多くなっています。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 18 6.83 11.97 0.00 66.67  
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 8.97  
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 10.49  
急性膿皮症は四肢末端近くに多く、抗菌剤点滴とともに四肢拳上、安静が重要であるため、入院加療を行っています

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180XX01XXXX 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 16 8.81 9.94 0.00 31.38  
120260XX99XXXX 分娩の異常 手術なし 16 6.38 4.79 0.00 33.19  
120170XX97X0XX 早産,切迫早産 その他の手術あり 処置2なし 12 8.08 29.40 8.33 29.42  
帝王切開での入院や、難産、切迫早産の妊婦さんの入院があります。
産科医療に特化しているため、産科関連の手術・処置が多くなっています。

リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 44 84.18 19.32 2.27 69.39  
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 41 84.61 15.80 2.43 73.85  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 7.52  
脳卒中や大腿骨骨折手術後の患者さんのリハビリテーションを目的とした入院を受け入れています。
回復期リハビリテーション病棟で在宅復帰を目指したリハビリテーションを行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 36 4 6 37 11 40 1 第7版
大腸癌 12 20 38 14 3 54 1 第7版
乳癌 0 0 0 1 0 0 1 第7版
肺癌 0 2 1 4 0 13 1 第7版
肝癌 6 3 2 2 3 53 1 第7版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌については早期癌に対して内視鏡治療を行っており、早期胃癌(ステージ1)の割合が多くなっています。
大腸癌は当院では胃癌に次いで多く、病期分類に応じて内視鏡治療、手術や化学療法など、さまざまな治療を行っています。
肝臓癌については外科的治療や化学療法のほか血管内治療やラジオ波焼灼などの治療を行っています。
不明なものについては、がんを疑った検査入院の場合が多く、短期間の検査入院後、外来で結果説明を行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0
重症度 1 30 30.97 79.97
重症度 2 60 20.07 80.90
重症度 3 55 30.04 84.22
重症度 4 22 80.45 86.14
重症度 5
不明
軽症は外来診察が主となりますが、既往症や全身状態から入院治療となる場合もあります。
年齢が上がると平均在院日数・重症度も上がる傾向があります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 25 13.00 74.20 4.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 52 40.21 77.29 11.54
その他 62 94.39 75.58 9.67
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
脳梗塞は発症から3日以内の急性期の患者さんと、それ以外の患者さんがほぼ半数となっています。
当院には回復期リハビリテーション病棟があり、他の病院で急性期治療をされた後、リハビリテーションを重点的に行う患者さんを多く受け入れています。
退院後は自宅や施設に帰られる方が約90%となっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 119 1.23 1.67 1.68 68.79  
K687 2 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 36 5.36 18.89 2.78 77.17  
K653 2 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 31 1.48 7.13 3.23 74.97  
大腸のポリープ切除をされた方は、状態に応じて1泊入院し経過を見させて頂くことがあります。
多数の胆道・膵臓疾患(総胆管結石、閉塞性黄疸)に対して、積極的な内視鏡インターベンション治療(EST、各種ステント挿入など)を行っており、安定した治療成績を治めています。
早期胃癌に対してESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)治療を導入し、森田医師・清水医師の指導のもと数多くの患者さんに対して安定した治療を行い、成果を上げています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 2.07 6.40 2.38 65.55  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 30 1.10 4.93 0.00 71.23  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 21 5.29 16.86 9.52 74.29  
胆嚢結石や、それによる炎症、ヘルニア、癌の手術など、患者さんに負担の少ない腹腔鏡を使用した手術を行っています

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K046 1 骨折観血的手術(大腿) 38 2.24 43.11 10.53 83.89  
K082 1 人工関節置換術(膝) 33 1.85 30.39 6.06 76.52  
K142 2 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 23 7 24.96 0.00 75.35  
転倒や、骨粗しょう症などによる骨折、変形性関節症、脊柱管狭窄症などに対し手術を行っています。
手術後はリハビリを積極的に行い、早期離床を目指しています。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K898 2 帝王切開術(選択帝王切開) 14 1 6.93 0.00 30.86  
K907 胎児外回転術  
K896 1 会陰(腟壁)裂創縫合術(分娩時)(筋層に及ぶ)  
過去に帝王切開で出産された妊婦さんや、逆子の赤ちゃんなど、安全なお産のため帝王切開を行っています。
逆子の赤ちゃんの場合、入院の上通常の胎位に戻す外回転術を行うこともあります。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K282 1 ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 21 0 1 0.00 78.48  
               
               
昨年度は白内障手術を実施しておりました。
現在外来診察のみのため、手術を要する場合は他の医療機関をご紹介させていただきます。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.06
異なる 4 0.12
180010 敗血症 同一 20 0.58
異なる 14 0.41
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 1 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.52
異なる 2 0.06
臨床上ゼロにはなりえないものの、医療の質の改善に資するため、少しでも改善すべき4症例の症例数と発生率です。
播種性血管内凝固症候群は全国平均(0.17%)と同率であり、敗血症は平均(0.56%)より高くなっています。
手術・処置等の合併症についてはほとんどが入院のきっかけとなった病名と医療資源を投入した病名が同じであり、入院中の発症ではなく、合併症を主として入院される患者さんが多いことがわかります。
合併症の内訳:MRSA術後創部感染、術後ショック、造影剤ショック、透析シャント狭窄、吻合部狭窄、
 
更新履歴
平成28年9月26日
平成27年度病院情報を公開しました

病院情報の公開
1
ページTOPへ