当院での実習Q&A

中央リハビリテーション科


実習生の方へ:よくある質問とその答え

実習前の電話確認で、よくある問い合わせ内容をQ&Aで記載しますので参考にして下さい。



Q:八鹿病院で実習するにあたり特別な知識、技術を求められる事はありますか?

 A:特にはありません。これまで学んだ事の復習が一番です。また、検査・測定実習、評価実習時は事前に学生同士で十分な練習をして下さい。



Q:どのような疾患が多いですか?

A:整形外科疾患、脳卒中・神経難病などの中枢性神経疾患、呼吸器疾患などの内部障害系、外科の開腹開胸術後患者、認知症、廃用症候群などです。



Q:できるだけ多くの症例を担当させてもらえますか?

A:症例数については、学生個人の実習進行状況により担当数の調整は行います。基本的には疾患が偏らないように幅広く担当してもらいますが、一般病棟(急性期)での実習が主体となる為、長期実習においては担当してから退院まで、実習期間を通しての継続担当は困難な場合があります。



Q:病院内の各施設も見学できますか?

A:総合実習においては併設の老人保健施設、回復期リハビリテーション病棟、訪問看護センター(訪問リハビリ)での1日見学は可能です。残念ながら実習生に対する手術見学は行なっておりません。



Q:実習初日はどこに行けばよいですか?

A:午前8時にエレベーターもしくはエスカレーターを上がって、直接3階の中央リハビリテーション科に来て下さい。



Q:マイカー通勤はできますか?

A:各養成校で決められた方法に従ってください。基本的に公共交通機関を利用して下さい。自宅からの通勤など交通機関のアクセスの加減で自家用車、バイク等利用希望の場合は事前に申し出てください。



Q:通勤服について?

A:常識の範囲内でお願いします。



Q:実習ユニフォームについて?

A:各養成校で指定されたユニフォームを着用して下さい。履物はシューズなど動きやすく、踵をしっかり覆えるものにして下さい。スリッパ、サンダルは禁止です。



Q:身だしなみについて?

A:頭髪、髭、爪、アクセサリー等について、常識の範囲内で十分注意して下さい。整髪料、香水などの匂いは厳禁です!!



Q:持参すべき物があれば教えて下さい?

A:実習では、角度計、メジャー、打腱器などの評価器具は個人の物を用意して下さい。動作観察等、デジタルカメラの利用は担当患者さんの同意・了承が得られれば使用可能ですが、プライバシーには十分配慮して下さい。また、寮やホテルを利用する遠方からの学生さんは、万が一に備えて保険証のコピーは必ず持ってきて下さい。



Q:学生が利用できる食堂はありますか?

A:院内に職員食堂、売店があるので利用して下さい。スタッフルームに学生用の席を用意していますので、お弁当持参でも結構です。お茶が飲みたい場合は、マグカップ、湯のみ等を持参して下さい。



Q:宿舎はありますか?

A:女性に限り、敷地内の看護師・看護学生寮に空室がある場合に利用が可能です。利用者は諸手続き(入・退寮届、掃除チェックリスト)及びセキュリティー侵入方法、鍵の受け渡し、寮内の備品、引越し荷物の受理方法等について事前に確認してください。利用者は、早めに入寮日を連絡して下さい。鍵の引渡しは極力平日にお願いします。男性については近隣ビジネスホテルなどを各自で利用して下さい(斡旋は致しません)。病院から徒歩10分圏内にスーパー、飲食店もあります。



Q:スタッフは優しいですか?

A:技師長、スーパーバイザーを始め、スタッフ全員が指導熱心で心優しいセラピストばかりです。ご安心を! また、長期実習では一人一人のセラピストから各専門分野におけるレクチャーを行っており、臨床以外でも知識や感性を養ってもらう事が出来ます。



その他、不明な点は下記までご連絡ください

公立八鹿病院 中央リハビリテーション科
担当理学療法士 田原邦明
電話:079-662-5555(内線1470)


中央リハビリテーション科
中央リハビリテーション科
1
ページTOPへ