緩和ケア病棟でクリスマス会を開催しました

八鹿病院からのお知らせ

職員による「赤鼻のトナカイ」ダンス!みんな楽しそう!

12月に入ると、当院では一部の病棟において楽しいクリスマス会が開かれます。12月25日、クリスマスの日には緩和ケア病棟でクリスマス会が開催されました。
患者さんも職員もサンタさんやトナカイに変身し、ボランティアさんのオカリナ演奏やスタッフのダンス、クリスマスの工作づくりを楽しみました。サンタクロース(岸本医師)より患者さんにプレゼントも手渡され、楽しいクリスマスのひとときとなりました。

患者会(ひだまりの会)でもお世話になっている、演奏ボランティアの安田様。オカリナの優しい音色で「きよしこの夜」「サンタが町にやってきた」のクリスマスソングとアンコールまで応えていただきました。いつもありがとうございます。

みんなで工作づくり。クリスマス会で撮影した素敵なスナップ写真を入れて可愛く飾り付け。くつした型のフォトフレームが完成!

スタッフも一緒にお手伝いしました。

サンタクロース(岸本医師)&トナカイさん。これから、みんなにプレゼントを渡すぞ~

プレゼントに手作りのクリスマスカードとメッセージを添えて。

お一人おひとりにプレゼントを手渡しました。

お茶とデザートもみんなで食べました!


ページTOPへ