集団災害訓練を実施しました

八鹿病院からのお知らせ

いざというときの備え
災害拠点病院としての役割を果たすために


毎年行われている集団災害訓練を今年も10月27日に実施しました。今年は、平日の日中、養父市断層帯を震源地とする震度6弱の地震が発生し、当院近隣でも複数の家屋が倒壊し多数傷病者が搬送・来院する想定で南但消防本部・美方広域消防本部の皆様とも合同で行いました。救急車による患者搬送から病院到着後のトリアージ(緊急性や重症度で優先度を決定し治療する)や各エリアでの治療や検査等の流れ、情報の共有や来院者への対応を本番さながらの状況下のもと訓練しました。

当院は、兵庫県より「災害拠点病院」の指定を受けており、災害時には地域の救急医療の拠点となることが求められています。実災害では、訓練で想定出来なかった問題や、大きな混乱の発生が十分に考えられますが、今後も定期的な訓練の実施と、その都度災害対応マニュアルの見直し等により、災害への対応力の向上に努めて行きます。

敷地内で救急車が患者搬送する様子。
 

病院到着後、トリアージが行われます。

トリアージ後、各エリアへ移動します。

「赤」の重症者エリア

「黄」の中等症者エリア

「緑」の軽症者エリア。

災害用テントにて対応します。

災害本部。情報を全て集め分析、的確な判断と指示が行われます。

患者さん役のスタッフには事前に怪我のメイクを。重症から軽症までさまざまなメイクが施されました。

訓練の総括後、訓練をリアルに引き立てた名患者役賞が後藤院長より発表されました。


ページTOPへ