看護学生1年生と看護師の交流会が開催されました

八鹿病院からのお知らせ

2月2日金曜日、当院において八鹿病院看護専門学校1年生の皆さんと3年目の当院看護師で交流会が開催されました。
この交流会は、当院の現状を知っていただき将来的に看護師という夢につなげていただくことを目的に昨年度よりおこなっています。

グループに分かれ、現場のことや勉強、生活面の話などの質問に対し看護師がお話させていただきました。熱心に話を聞く学生さんや経験談などを語る看護師のいきいきとした表情がとても印象的で、笑い声が響く和やかな交流会となりました。
 振り返りでは、学生さんから「自分は今勉強が大変だと思っているが看護師はもっと大変。不安もあるがやりがいなども聞くことができたので頑張りたい」「根拠をもって患者さんと接するには、今基礎となる勉強を積み重ねることが大切だと教わった」などの声があがりました。
また、「急変する患者さんを前に自分は出来る事がすくなく悔しかった。自分に出来ない事にも積極的に取り組みステップアップしていきたい」など看護師からも今後の目標を宣言させていただき、学生さんも看護師も共に高めあえることができた時間となりました。

看護学生の皆さんには、これから自分の夢にむかって一歩一歩前進していってほしいと思います。スタッフ一同、応援しています。

看護師の話に聞き入る学生さん。

よい交流会となるよう心をこめて折ったお菓子箱です。

力強く目標を語る看護師。


ページTOPへ