「神経難病における音楽療法を考える会」は、
神経難病をもつ患者さんに対して音楽がどのような効果をもち音楽療法として用いることができるかを医療福祉従事者・音楽関係者・患者さん・ご家族と共に考えています
神経難病における音楽療法を考える会  
【事務局】公立八鹿病院音楽療法室 兵庫県養父市八鹿町八鹿1878-1
| お問い合わせ | リンク | HOME |
 
 



  【事務局】

 公立八鹿病院 音楽療法室

  兵庫県養父市
  八鹿町八鹿1878番地1
  TEL:079-662-5555(代)
  FAX:079-662-3134






第12回神経難病における音楽療法を考える会
開催レポート
#

第12回神経難病における音楽療法を考える会へのたくさんのご参加、ありがとうございました。医師・看護師・保健師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・音楽療法士・患者さん・患者さん家族・学校関係者など、約200名の方にご参加いただきました。



第Ⅰ部 特別講演 「音楽とは何だろうか」
    岩田 誠 東京女子医科大学名誉教授  メディカルクリニック柿の木坂院長
  (座長)吉井 文均 東海大学神経内科教授


現代人は朝、目覚めてから眠りに着くまで音楽で溢れる生活を当たり前のようにしていますが、そもそも音楽とは何なのかということを、様々な角度からご講演くださいました。 音楽の起源や、呪術として使われた歴史など、音源、映像などを交えてお話され、第2次大戦から現代の音楽に関する脳科学まで、とても幅広く興味深いお話は、立ち見も出るほどの大盛況で、あっという間の1時間でした。

第Ⅱ部 シンポジウム 「音楽と神経難病 ―チーム医療が拓く音楽療法の未来―」

今回の神経治療学会のテーマでもある「チーム医療」に基づき、看護師、音楽療法士、言語聴覚士、医師の立場から見た音楽療法について、それぞれお話されました。音楽療法はこころのケアになり、コミュニケーションスキルの獲得、リハビリ的効果も期待されていますが、もっと一般の患者さんから「音楽療法を受けたい」と声を挙げてもらうことが、音楽療法の未来に繋がるとのことで閉会となりました。


06

お越しいただいた一部の皆さまには、別室にて中継でご参加いただくなど、当日は大盛況となりました。多数のご参加に心から感謝致します。

※次回は2016年11月に鳥取県(米子)で開催予定です。 多数のご参加をお待ちしております。

【戻る】




Copyright (C) 2010 YOKA HOSPITAL . All rights reserved.
 


過去のお知らせを見る 神経難病における音楽療法を考える会