「神経難病における音楽療法を考える会」は、
神経難病をもつ患者さんに対して音楽がどのような効果をもち音楽療法として用いることができるかを医療福祉従事者・音楽関係者・患者さん・ご家族と共に考えています
神経難病における音楽療法を考える会  
【事務局】公立八鹿病院音楽療法室 兵庫県養父市八鹿町八鹿1878-1
| お問い合わせ | リンク | HOME |
 
 



  【事務局】

 公立八鹿病院 音楽療法室

  兵庫県養父市
  八鹿町八鹿1878番地1
  TEL:079-662-5555(代)
  FAX:079-662-3134







第10回神経難病における音楽療法を考える会
開催レポート
#



第10回神経難病における音楽療法を考える会へのたくさんのご参加、ありがとうございました。  医師・看護師・保健師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・音楽療法士・患者さん・患者さん家族・学校関係者など、約200名の方にご参加いただきました。


Ⅰ特別講演
「音楽療法のこれまでとこれから:その世界的展望」
 (座長)林 明人 順天堂大学浦安病院教授
 (演者)マイケル・H・タウト コロラド州立大学芸術学部神経科学音楽学教授


特別講演 音楽が脳に与える影響を科学的に分析し、その作用を用いた神経学的音楽療法をベースとしたお話でした。新しい研究の内容についてもお話しいただき、知識を深めることができました。患者さんも“音楽によっておこる自分の変化が裏付けられ、今まで不思議だなあと思っていたことの納得がいきました”と感想を述べられていました。

a

Ⅱシンポジウム
「日本の音楽療法のあり方」
 (座長)吉井 文均 東海大学医学部神経内科教授
      近藤 里見 北海道医療大学准教授
(指定演題)
1)「クリニック(神経内科)における音楽療法」 服部優子 本町クリニック副院長 
2)「大学病院における音楽療法」 佐藤正之 三重大学認知症医療学准教授 
3)「京都・町屋での音楽療法のかたち」 阿比留睦美 日米認定音楽療法士・音楽とリハビリテーション研究会代表・
  町家「人と生活研究所 音楽と植物と…」代表・京都大学大学院医学研究科特別研究員

特別講演
大学病院、クリニック、町屋と、それぞれ地域に根差したお話を伺うことができました。地域に沿った活動を行うためには、多職種がお互いの専門分野を認め合いながら、協働することが不可欠であるとの認識を新たにできました。音楽療法の多様性を感じていただき、これからの発展の可能性を示唆する内容でした。


特別講演 特別講演

Ⅲ10周年記念特別企画イブニングセミナー
「神経難病と音楽のちから」  共催:グラクソ・スミスクライン株式会社
 (特別出演)樋口了一 シンガーソングライター
 (司会進行)林 明人 順天堂大学浦安病院
特別講演1、対談
2、コンサート
(手紙~親愛なる子供たちへ~ など)

“感動しました”という声を多く聞かせていただきました。病気を抱えながらも病気と向き合い、自分ができることを模索しながら、大勢の人に勇気や希望を与える活動をされている樋口さんの歌声は、みなさんの心に浸みこみ、涙されながら聴いておられる方もいらっしゃいました。

特別講演 特別講演

特別講演

※次回は、2014年11月に東京ドームホテルにて行われます。多数のご参加をお待ち申し上げます。

【戻る】




Copyright (C) 2010 YOKA HOSPITAL . All rights reserved.
 


過去のお知らせを見る 神経難病における音楽療法を考える会