「神経難病における音楽療法を考える会」は、
神経難病をもつ患者さんに対して音楽がどのような効果をもち音楽療法として用いることができるかを医療福祉従事者・音楽関係者・患者さん・ご家族と共に考えています
神経難病における音楽療法を考える会  
【事務局】公立八鹿病院音楽療法室 兵庫県養父市八鹿町八鹿1878-1
| お問い合わせ | リンク | HOME |
 
 



  【事務局】

 公立八鹿病院 音楽療法室

  兵庫県養父市
  八鹿町八鹿1878番地1
  TEL:079-662-5555(代)
  FAX:079-662-3134







第9回神経難病における音楽療法を考える会
開催レポート
#


第8回神経難病における音楽療法を考える会へのたくさんのご参加、ありがとうございました。 医師・看護師・保健師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・音楽療法士・患者さん・患者さん家族・学校関係者など、さまざまな方にご参加いただきました。




特別講演
「パーキンソン病のための歌による発声リハビリテーション」
羽石 英里 昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科教授


特別講演 パーキンソン病は、声量の低下や呂律難によるコミュニケーション障害を生じさせることが多くなります。そのため、パーキンソン病患者のための音楽活動や歌唱活動は地域や各病院でも実施されています。より、リハビリテーション的に楽しみながら活用しようとするプロトコルでした。





一般講演

鶴巻温泉病院でのリハビリテーションを目的とした関わりや、ALSの患者さんに対する精神的な寄り添いを目的としたスピリチュアル的な関わりなどが紹介され、各セッションでフロアから質問がありました。また、米国の音楽療法士の資格を有しながら、作業療法士として働いている方からの発表では、緩和ケアにおけるアプローチについて作業療法と音楽療法、両方の視点から発表されました。最後に、患者さんからの報告として、元ピアニストでALS患者さんの音楽についてビデオを中心に主治医の先生から紹介があり、フロアの患者さんからも多数のご意見を聞くことができました。


特別講演 特別講演

特別講演

※次回は、2013年11月23日土曜日に東京ドームホテルで行う予定です。たくさんのご参加をお待ちしております。

【戻る】




Copyright (C) 2010 YOKA HOSPITAL . All rights reserved.
 


過去のお知らせを見る 神経難病における音楽療法を考える会