「神経難病における音楽療法を考える会」は、
神経難病をもつ患者さんに対して音楽がどのような効果をもち音楽療法として用いることができるかを医療福祉従事者・音楽関係者・患者さん・ご家族と共に考えています
神経難病における音楽療法を考える会  
【事務局】公立八鹿病院音楽療法室 兵庫県養父市八鹿町八鹿1878-1
| お問い合わせ | リンク | HOME |
 
 



  【事務局】

 公立八鹿病院 音楽療法室

  兵庫県養父市
  八鹿町八鹿1878番地1
  TEL:079-662-5555(代)
  FAX:079-662-3134







第7回神経難病における音楽療法を考える会
開催レポート
#


【事務局】公立八鹿病院音楽療法室 兵庫県養父市八鹿町八鹿1878-1

 第7回神経難病における音楽療法を考える会へのたくさんのご参加、ありがとうございました。
当日には、約200名の方が参加してくださり、大変盛大に会を終えることができました。 また、医師・看護師・保健師・音楽療法士・患者さん・患者さん家族・学校関係者など、さまざまな方にご参加いただきました。

 

講演された加勢園子氏
講演された加勢園子氏

一般講演
エビデンスに基づいた様々な視点からの研究を発表していただき、現場に活用していきたいとの声がありました。


特別講演「脳機能回復促進音楽療法について」
/加勢園子氏

ノンバーバルコミュニケーションを活用した脳機能回復促進音楽療法について、みなさま大変興味深く聴講されていました。
方法論の一つとして、ぜひ勉強していきたいと言われていました。



パネルディスカッションのようす

パネルディスカッション
 音楽療法士、医師、患者さん、患者さんのご家族と、様々な立場から今後の音楽療法への期待やご意見を頂きました。特に患者さんの「生の声」を聞くとてもよい時間になりました。
会場からも積極的に質問や体験などの発言があり、もっと時間をとって話が聞きたかったとのご意見が多くありました。



 

次回は、第29回神経治療学会期間内2011年11月に福井市で開催予定です。

【戻る】




Copyright (C) 2010 YOKA HOSPITAL . All rights reserved.
 


過去のお知らせを見る 神経難病における音楽療法を考える会