2015.11.17更新
第12回概要について


第12回神経難病における音楽療法を考える会の詳細が決定しました!

【大会長】服部優子(本町クリニック 副院長)
【会期】平成27年11月27日(金)午後14分~午後17時
【会場】名古屋国際会議場

     (愛知県名古屋市熱田区熱田西町1番1号 TEL:052-683-7711)
【参加費】1,000円(※神経治療学会参加者は無料)
【参加資格】興味をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます
音楽療法学会認定講習会

(PDF:445KB)
【申込方法】
申込方法:メールまたはFAX
申込期間:10月17日~11月17日 ←申込受付は終了しました!
申込期間中に下記申込用紙をダウンロードしていただき必要事項をご記入の上
お申し込みください。

メール用申込用紙をダウンロード
word形式
FAX用申込用紙をダウンロード
word形式

[E-mail]nanbyou_mt_12@yahoo.co.jp
[FAX番号]公立八鹿病院 079-662-3134(代)
※リハビリテーション科音楽療法室宛と明記してください

※お申し込み期間が過ぎてから参加を希望される方は当日直接会場
 にお越し下さい


お問い合わせ

※下記メールアドレスよりお問い合わせください
公立八鹿病院音楽療法室「神経難病における音楽療法を考える会」事務局
[E-mail]nanbyou_mt_12@yahoo.co.jp


主催:神経難病における音楽療法を考える会
共催:第33回日本神経治療学会総会
後援:愛知県医師会

【プログラム】

14:00-14:15
開会のあいさつ
(服部優子 本町クリニック 副院長)
合唱
「私の秋(ALS患者様の作品)」、「翼をください」(マリア合唱団)
第33回日本神経治療学会総会 会長ご挨拶
(祖父江元 名古屋大学大学院医学系研究科 特任教授)
14:15-15:15
【1】特別講演 「音楽とは何だろうか?」
岩田誠(東京女子医科大学 名誉教授、メディカルクリニック柿の木坂 院長)
    [座長]吉井文均(東海大学神経内科教授)
15:15-16:55
【2】シンポジウム 「音楽と神経難病 -チーム医療が拓く音楽療法の未来-」
[座長]中山ヒサ子(NPO法人 和・ハーモニー音楽療法研究会 理事長)
    服部優子(本町クリニック 副院長)

<指定演題>
1)「神経難病病棟のケアチームに音楽療法士が加わることの意義」
   /津崎美佐(公立八鹿病院 難病看護師)

2)「チームで行うALS訪問音楽療法 -身体に寄り添い、心に寄り添う-」
   /小川尚子(本町クリニック 音楽療法士)

3)「パーキンソン病における音声治療と音楽 -改善・維持・パフォーマンス-」
   /田中康博(名古屋大学神経内科 言語聴覚士)

4)「パーキンソン病に対するリハビリテーションにおける音楽療法の役割」
   /林明人(順天堂大学医学部附属浦安病院 リハビリテーション科 科長)

<総合討論>
16:55-17:00
閉会のあいさつ(近藤清彦 公立八鹿病院 脳神経内科 部長)


→過去の概要を見る 

<戻る>

 

 


過去のお知らせを見る 神経難病における音楽療法を考える会